2000年詳細 2001年詳細 2002年詳細 2003年詳細 2004年詳細 2005年詳細 2006年詳細 2007年詳細 2008年詳細 2009年詳細
2010年詳細 2011年詳細 2012年詳細 2013年詳細
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

━2001シーズン成績━

 

第1節 10/14
F.Cキャバリーノ 日本原電F.C
5 0
日本原電の都合により棄権試合となる。リーグ規定により5−0でキャバリーノの不戦勝扱いとなる。

 

第2節 4/29 粟野スポーツセンターG 雨
F.Cキャバリーノ 東洋紡F.C
1 5
キャバリーノ得点者 ハットリ 1
キャバリーノは第1節が延期になったので第2節からの開幕となった。テラ、ゴン、藤井ちゃんが欠場、よって2トップは新戦力の平吹とハットリが組み、イワンが抜けたストッパーのポジションに田畑が入り、キーパーには復帰したノリユキが入る布陣。試合開始直後にオフサイドぎりぎりのところを相手に突かれあっさり先制点を与えてしまう、しかしその後はキャバリーノはペースをにぎり何度もシュートを放ちついに前半終了間際にハットリのゴールで同点に追いつく。後半はハセチンの左ハーフに山口が入りスタート。しかしディフェンスの集中力と連携が急にまとまらなくなり、ペナルティエリアのすぐ外で相手にファールを与えてしまいそれを直接FKで決められてしまう。その後もチーム内の混乱は収まらず相手に完全にペースを握られ追加点を次々と許してしまう。後半残り15分で兄ちゃんとマサル、和幸と庄司兄が交代するが流れは変わらずに結局5‐1で試合終了。前半が良かっただけに悔いが残る結果となってしまった。

 

第3節 5/13 運動公園多目的G  晴れ
F.Cキャバリーノ サントスF.C
0 3
キャバリーノ得点者 なし  
第3節は強敵サントスが対戦相手。キャバリーノはゴン、和幸、ハットリ、マサル、ハセチン、と多くのメンバーが欠場、よってポジションは1トップにテラ、その後ろにヨシユキ、平吹、右サイド兄ちゃん、左サイド庄司兄、ボランチに正一、ストッパー田畑、スイーパーキョージュン、右バック岸、左バックノリユキ、キーパー山口という布陣で臨む。試合開始からサントスのペースで進み開始後10分にオフサイドぎりぎりのところを相手に突かれ先制点をあたえてしまう。キャバリーノはなかなかチャンスを作れずに試合は進みディフェンダーのクリアボールを相手に拾われさらに追加点を許してしまう。後半に入りポジション等を少し修正したキャバリーノがチャンスを何度かつくるようになるがあと少しでゴールに結びつかない。後半15分ペナルティエリア内で田畑が相手を倒してしまいPKを与えそれをサントスはきっちり決めて3点目。試合終了間際にも何とか1点ということで攻め込むが結局ゴールを決められずに試合終了。

 

第4節 5/27 粟野スポーツセンターG  曇り
F.Cキャバリーノ エキセントリックボーイズ
3 3
キャバリーノ得点者 テラ 2
  正一 1
今節はハセチン、山口、平吹、が欠場。ポジションはGKノリユキ、左サイドハーフにハットリ、2トップは今シーズン初のゴン、テラコンビ!という布陣で臨む。キックオフから早めのチェックでボールを奪いに行くキャバリーノ、しかし最初の10分はエキセントリックペースで何度かチャンスを与えてしまう。その後徐々にペースをつかみ出したキャバリーノはゴール前でボールをもらったテラが1人かわしてゴールすみに先制点を決める。後半開始後すぐの追加点をねらって激しく攻めるキャバリーノの正一がペナルティーエリアのすぐ外にこぼれてきたボールをゴールすみに突き刺し2点目を奪う。その後もキャバリーノペースで試合が進むが、相手のコーナーキックからの攻撃のこぼれ球を押し込まれ1点を許してしまう。その後は勢いに乗るエキセントリックのペースで試合が進むが手薄になったディフェンスの隙を突きゴールまでドリブルで持ち込んだテラが3点目を決める。2点のリードで油断したのかキーパーへのバックパスをノリユキが手でつかんでしまう痛恨のミス、相手にゴール直前で間接フリーキックを与えてしまいそれを決められ3‐2。さらに勢いに乗るエキセントリックが後半終了前ロスタイムにコーナーキックからヘディングで決めて3‐3の引き分けで試合終了。キャバリーノは待望の初勝利を逃してしまう結果になった。何度かあった決定的チャンスを確実に決めていればもっと楽な試合展開になっていたことが予想される。ディフェンス時のボールの処理にも反省点が残る。

 

第5節 6/3 運動公園多目的G  晴れ
F.Cキャバリーノ ジャクエツF.C
2 1
キャバリーノ得点者 テラ 1
  平吹 1
前節エキセントリック戦で痛い引き分けをしたキャバリーノは必勝の意気込みで試合に臨む。欠場者はハセチン、マサル、田畑、ノリユキ、ゆういち、ハットリ。2トップにテラ、ゴン、トップ下に平吹、右は兄ちゃん、左は今節がデビュー戦の青木、ダブルボランチにヨシユキと正一、3バックは右からキシ、キョージュン、和幸、キーパーは山口という布陣。しかしキーパーの山口がキックオフに間に合わず、テラがキーパーに入って試合開始。試合開始後5分山口がようやく到着しテラとキーパーを交代する。前半はキャバリーノペースで試合が進み何度かチャンスをつくるが得点できず、ジャクエツは司令塔のワカミヤが欠場で苦しい展開が続く。しかしキャバリーノディフェンスの裏のスペースを突いたジャクエツフォワードがチャンスをものにして先制点。その後もキャバリーノが圧倒的にボールを支配する展開が続く中でヨシユキからの絶妙のスルーパスを受けたテラがゴール右隅に落ち着いて決めて同点にする。前半終了までも何度か惜しいチャンスがあったが決められずに1-1で後半につづく。後半開始から右サイドバックの岸に変わり今節デビュー戦の家倉を投入。キャバリーノペースで試合が進み、兄ちゃんからのセンタリングをテラがヘディングで狙うがわずかに外れ、テラがゴール前に折り返したボールを青木がシュートするが上に外れ、兄ちゃんの蹴ったコーナーキックをテラがヘディングするがキーパーの正面にいき決まらず。対するジャクエツも個人技での突破を試みるがキャバリーノディフェンスに止められる。青木に変わり庄司兄を交代した後半開始後20分、右サイドでパスを受けた平吹がゴール前にドリブルで切り込み左足でシュート、これが決まり2-1となる。最後まで集中力を切らさずに攻め抜いたがその後は追加点は決まらず試合終了。キャバリーノの今シーズン初勝利となった。

 

第6節 6/17  粟野スポーツセンターG 晴れ
F.Cキャバリーノ 敦賀蹴球会
1 1
キャバリーノ得点者 兄ちゃん 1
昨年度敦賀市リーグ2位の蹴球会が対戦相手。キャバリーノはゴンの1トップという守備的な布陣で蹴球会の攻撃に備える。キーパーはノリユキ、4バックは右から家倉、田畑弟、キョージュン、和幸、ダブルボランチに正一とヨシユキ、右ハーフは青木、左ハーフはハセチン、センターにテラ、そして1トップのゴンで試合開始。キックオフはキャバリーノ、蹴球会は1人少ないため、初めは攻撃のかたちをつくれない。何度かシュートまでいくがキーパーのノリユキの好セーブに防がれる。キャバリーノは蹴球会の攻撃に耐えながら前半終了。0-0で折り返した後半は田畑と山口が交代し3バックに変更、和幸を左ハーフに移動、ゆういちとハセチンの交代でヨシユキをトップ下に、右ハーフを兄ちゃん、右サイドバックを岸に交代しテラとゴンの2トップで攻撃に出る。5分5分のペースで試合が進みゴンに代わり平吹がはいる。そして後半20分、中央からゆういちが右にいたオフサイドポジションぎりぎりの兄ちゃんにパス、完璧にトラップから落ち着いてシュート、これが決まりキャバリーノ先制点が生まれる。これで一気に波に乗るキャバリーノ。しかしその5分後ちょっとした隙をつかれ蹴球会に得点をゆるしてしまう。試合終了間際に和幸に代わり入った庄司兄へ平吹が絶妙のパスを送るがあと少しで届かず。結果は1-1の引き分けに終わる。

 

第7節 7/1  運動公園多目的G 曇り
F.Cキャバリーノ 三方スクデット
9 0
キャバリーノ得点者 ゴン 3
  テラ 2
  ヨシユキ 1
  平吹 1
  ゆういち 1
  山口 1
昨年のリーグ戦で敗れている三方スクデットが対戦相手。キーパーはノリユキ、3バック右から岸、キョージュン、和幸、ダブルボランチに正一とゆういち、右は兄ちゃん、左はハセチン、トップ下はヨシユキ、2トップはテラと平吹でスタート。相手が8人ということもあり試合開始から何度もシュートチャンスをつくり、まずヨシユキが左足で1点目、続いてゆういちが2点目、平吹がキーパーをかわして3点目を奪い前半は3点。後半にはいって平吹に代わりゴン、ハセチンに代わり家倉が投入。後半もキャバリーノの攻めは続き、左ハーフにあがった和幸からのパスをテラが決めて4点目、和幸のシュートのこぼれ球をゴンが押し込み5点目、ハットリからのパスをゴンが決めて6点目、テラからのパスを受けたゴンが7点目を決めてハットトリック達成、その後はハットリからのパスをテラが決めて8点目、後半終了間際に山口が後方からのドリブルでキーパーまでかわして9点目。9‐0の完封で今シーズン2勝目を飾る。

 

第8節 7/15  粟野スポーツセンターG 曇り
F.Cキャバリーノ 敦賀クラブ
1 4
キャバリーノ得点者 平吹 1
今節は昨年度リーグ3位の敦賀クラブ戦。キャバリーノは岸、家倉、正一が欠場、フォーメーションはキーパーにノリユキ、ディフェンスは右から山口、キョウジュン、田畑、和幸、ミッドフィルダーは右に兄ちゃん、左にマサル、ボランチにゆういち、トップ下にハットリ、フォワードはテラと平吹の2トップ。試合開始からキャバリーノは積極的に攻撃に出て何度かシュートチャンスをつくる。敦賀クラブは持ち前の早いプレッシャーがなく、キャバリーノペースで試合が進む。しかし前半15分キャバリーノディフェンダーの少しのミスを逃さずに敦賀クラブが先制点をあげる。その数分後プレスが遅くなってきたキャバリーノのちょっとした油断から敦賀クラブに追加点を許してしまう。気温の上昇と共にキャバリーノ、敦賀クラブともに運動量が落ちてくるなか前半終了前にテラからハットリ、ハットリから平吹にパスがつながり抜け出した平吹が落ち着いてシュート、これが決まり1点を返す。後半は右サイドの兄ちゃんに代わりヨシユキ、マサルに代わりハセチンが入る。後半開始直後はキャバリーノがうまい攻撃で何度かチャンスをつくるが得点に結びつけることができない。徐々に敦賀クラブのペースになりつつあるなかディフェンダーのクリアミスを逃さずに敦賀クラブが3点目を決める。再び2点差になり意気消沈するキャバリーノ。そこで田畑に代わり青木、平吹に代わりゴンを投入するが勢いに乗った敦賀クラブがまたしても相手のミスを逃さずに決めて4点目。その後和幸に代わり庄司兄が交代するがキャバリーノは追加点をあげられずに試合終了。相手のミスからのチャンスを確実に決める決定力の差がこういう結果になったが、昨シーズンのように一方的な内容ではなくキャバリーノの進歩が感じられた試合だった。

 

第9節 9/16  運動公園多目的G 雨
F.Cキャバリーノ 美浜クラブ
0 8
キャバリーノ得点者 なし  
嶺南大会も終わり約2ヶ月ぶりのリーグ戦、相手は嶺南大会準決勝で対戦した美浜クラブ。キャバリーノは先週敗れているので逆襲したいところ。スタメンはキーパー山口、右から岸、キョージュン、田畑、ボランチに正一、ゆういち、右ハーフ和幸、左ハーフノリユキ、トップ下ヨシユキ、2トップはテラと平吹でスタート。試合開始からキャバリーノは動きが固く、声も少ない、美浜クラブはスペースに走りチャンスを数多くつくり試合開始から5分で先制点を奪う。その後も高い個人能力から突破し前半だけで4点を奪う。キャバリーノはチャンスらしいチャンスはつくれずに前半終了。後半は前半で負傷したテラに代わりゴンが入り、右ハーフは兄ちゃんに、左ハーフは中村くん、左サイドバック岸に代わり庄司兄が投入される。美浜クラブも5人ほどメンバーを入れ替え後半さらに攻め立てる。キャバリーノはDF、MF、FW間の連携がうまくいかずに攻撃のかたちがつくれない。結局後半も4点を奪われ試合終了。今節は雨の中会場当番ということもあり試合に集中できなかったのが敗因の1つだろうか・・・。

 

第10節 9/30  運動公園多目的G 曇り
F.Cキャバリーノ DESPERADO
3 1
キャバリーノ得点者 テラ 1
  平吹 1
  ゆういち 1
今節は現在リーグ戦成績8位のデスペラードとの対戦、キャバリーノは正一、ヨシユキ、マサル、中村くんが欠場。フォーメーションはキーパーノリユキ、右サイドバック岸、センターバックにキョージュン、左サイドバックに和幸、ダブルボランチはゆういちと田畑、右ハーフ兄ちゃん、左ハーフハセチン、トップ下にテラ、2トップはゴンと平吹でスタート。試合開始からキャバリーノは早めのプレッシャーで相手ボールを奪いにいきペースをつかむ。前半10分ゴール前に抜け出た平吹がキーパーを引き付け左でフリーのテラにパス、これを落ち着いて決めて先制点。その後キャバリーノはチェックが遅くなり、デスペラードの反撃に合う、そして前半20分1本のパスから相手に同点ゴールを与えてしまう。キャバリーノは決定機を何度か決められない中、25分平吹がゴール前で2人かわし待望の2点目を決める。後半に入りテラが少し守備的にポジションをとり、岸に代わり家倉、田畑に代わり山口を投入。キャバリーノは早めのプレッシャーをかけ相手に攻撃のチャンスをつくらせずに自分達のペースで試合を進める。そして後半15分前ショートコーナーからの混戦でボールを受けたゆういちが3点目を決めて試合をほぼ決定づける。キャバリーノはさらにハセチンに代わり庄司兄を、兄ちゃんに代わり青木、ゴンに代わりロシアから帰ってきたイワンを交代させる。何度も決定機をつくるが追加点は奪えず試合終了。相変わらずの決定力不足が目立った試合内容だった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------