2000年詳細 2001年詳細 2002年詳細 2003年詳細 2004年詳細 2005年詳細 2006年詳細 2007年詳細 2008年詳細 2009年詳細
2010年詳細 2011年詳細 2012年詳細 2013年詳細
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

━2003シーズン成績━

 

第1節 4/13  粟野スポーツセンターG 晴れ
F.Cキャバリーノ サントス
0 1
キャバリーノ得点者 なし  
2003シーズン開幕戦、キャバリーノは昨年リーグ6位のサントスとの対戦。昨年の対戦結果は6-1で勝っている。スタートのメンバーはキーパーに山口、3バックのセンターにキョージュン、右は田畑、左は今年新加入のダン、ボランチにはFWから転向したゴンとそしてゆういち、右ハーフに兄ちゃん、左に庄司兄、トップ下に大町、2トップはテラとDFから転向した和幸というポジションでスタート。まずはキャバリーノが攻め込み、相手のクリアボールを拾ったテラが最初のシュートを放つがクロスバーの上に外れてしまう。その後一進一退の試合展開が続くが前半15分頃、サントスのコーナーキックが直接ゴールに入ってしまいキャバリーノは先制点を奪われる。その後はややキャバリーノが押し気味の試合展開だがシュートにまで、なかなかいけない。その後左サイドからテラが大町にパスし、大町が再びテラに戻したパスをダイレクトでシュートするが惜しくもバーの上に外れる。接戦のまま前半が終了し、後半開始のスタートも同じメンバーでスタート。後半もキャバリーノがやや押し気味の試合展開がしばらく続くが、徐々に運動量が落ち始め、サントスのパスがうまく回るようになる。右サイドバックの田畑に代わり家倉が入り、その後ボランチのゴンの位置に青木が入り、更にその後、庄司兄に代わり岸が、兄ちゃんに代わりハセチン、ゆういちに代わりケガ気味の正一が入る。両チームともシュートに行けない時間帯が続き、試合終了近くに和幸が放ったシュートもキーパーに止められてしまう。結局1−0のまま試合終了、残念ながら開幕戦を勝利で飾ることはできなかった。

 

第3節 5/11  運動公園多目的グラウンド 雨
F.Cキャバリーノ 日本原電FC
1 2
キャバリーノ得点者 テラ 1ゴール
第2節はお休みだったキャバリーノは約1ヶ月ぶりの試合となった。昨年リーグ成績4位の原電との試合はキャバリーノの予想以上に苦しい展開となった。キャバリーノのスタートはキーパー山口、右サイドバックにデビュー戦の林くん、センターバックにキョージュン、左サイドバックにノリユキ、ボランチは正一とゴン、右ハーフに兄ちゃん、左ハーフにゆういち、トップ下に大町、2トップはテラと和幸。試合開始からキャバリーノは相手の早いチェックの為パスを繋げず攻撃のリズムがつかめない、対して原電はお互いの連携が良く、パスを繋げながらゴール前までスムーズにいく展開が続き、試合開始から10分、キャバリーノがクリアしきれなかったボールを奪い先制点を獲得する。キャバリーノはボールを持ってから次にパスを出すまでにドリブルするので、その間に囲まれてしまいボールを奪われるというパターンが目立った。前半は原電ペースで試合が進みキャバリーノは何度もゴール前の危ない場面(相手のどんぴしゃのボレーシュートを林くんがスーパークリアなど)をギリギリのところでなんとかしのぎ前半は1−0で終了。後半キャバリーノは左サイドバックのノリユキに代えてダンを投入しスタート。前半に比べてキャバリーノもゴール前までいく場面も増えてきて、後半開始5分のゴール前での和幸の直接フリーキックは左に反れてしまう。しかし試合のペースは依然として原電がにぎっている。そして後半15分原電は右サイドバックの林くんが攻撃で上がった後のスペースを使ってカウンター攻撃を仕掛け、キャバリーノディフェンスのバランスが崩れた所でゴール前のフリーの味方にパス、あっさりと追加点を奪う。ここでキャバリーノはメンバー交代、林に代わり岸、ゴンに代わりイワンが入る。その後徐々にキャバリーノもミドルシュートを打つなどチャンスが増え始めたがなかなか決定的な場面は作れなかった。後半残り10分、大町に代わり青木が入り、テラはトップ下のポジションに移動、兄ちゃんに代わり庄司、ゆういちに代わり家倉が左サイドバックに入り、ダンは左ハーフの位置に移動。ここでようやくキャバリーノペースになり、後半ロスタイムにゴール前の混戦から原電がクリアしきれなかったボールをテラが思い切ってシュートしゴール右上に決まった。ここでキャバリーノはようやく1点を返すがキックオフ後すぐに試合終了のホイッスルが鳴る。キャバリーノは痛い2敗目となってしまった。

 

第4節 5/25  粟野スポーツセンターG 晴れ
F.Cキャバリーノ 美浜クラブ
1 4
キャバリーノ得点者 テラ 1ゴール
今節は強豪美浜クラブとの対戦。キーパーにノリユキ、ディフェンスは右から岸、キョージュン、家倉、ボランチに正一とゴン、右ハーフに兄ちゃん、左ハーフに林、トップ下にゆういち、2トップはいつもの和幸とテラでスタート。試合開始からキャバリーノは早めのチェックで美浜クラブの攻撃をくいとめ、シュートまで行かさない良いディフェンスを展開。しかし開始10分キョージュンがクリアしたボールが風にあおられ、自ゴールに吸い込まれるように入りオウンゴールで美浜クラブに先制点を与えてしまう。その後は美浜クラブのディフェンスのクリアミスや、キーパーノリユキからのキックからテラに決定的なチャンスが何度かあったが決められず、逆に美浜クラブに追加点を奪われる。その後もややキャバリーノペースで試合が進み後半25分、兄ちゃんからのスルーパスを受けたテラが待望の1点目を決めキャバリーノは盛り上がる。前半にもう1点追加しようと攻めるが、終了間際に相手FWとノリユキが1対1の場面でシュートされるがゴールポストに助けられ、そのまま2−1で前半終了。後半スタートから和幸に代わり大町がFWで出場、右サイドバックの岸に代わりダンが入る。後半は少しキャバリーノのチェックが少し遅くなった為か美浜クラブのペースで試合が進み、シュートにもち込まれる事がだんだん多くなる。そしてドリブルで攻めあがったプレーヤーにそのままゴール前まで行かれ、ついに3点目を決められてしまう。2点差になったキャバリーノはここで選手交代、右の兄ちゃんに代わり庄司兄、ゆういちに代わり青木が入る。キャバリーノはなかなかチャンスを作れない時間帯が続き、惜しいチャンスといえば、青木がダイレクトではたいたパスを林くんのシュートしたがわずかに外れた場面。それとペナルティーエリアのすぐ外から大町がドリブルで切り込みシュートしたボールに青木が飛び込むが届かなかった場面。キャバリーノは更にメンバーを代え、家倉に代わり田畑、ゴンに代わりイワン、正一に代わり山口が交代。キャバリーノは多くのメンバーが交代したことにより、お互いの連携がとりづらくなりパスがなかなか繋げない状態になる。そして後半終了近くにペナルティーエリア内で相手を林くんが倒してしまいPKを与えてしまい、それを美浜クラブはきっちり決めて4点目を得る。その後少しのロスタイムを懸命にボールを追うが試合終了。キャバリーノは開幕3連敗となってしまった。

 

第5節 6/8  運動公園多目的グラウンド  晴れ
F.Cキャバリーノ 東洋紡FC
0 1
キャバリーノ得点者 なし
キャバリーノのスターティングメンバーはキーパーノリユキ、負傷中のキョージュンに代わり正一がセンターバック、右サイドバックに和幸、左サイドバックに林くん、ダブルボランチはゴンと、ゆういち、右サイドに庄司兄、左サイドに家倉、トップ下に大町、2トップはテラと、ダン。試合開始前、テラが左足の痛みを訴え出場が危ぶまれたが、本人の意志で強行出場する。試合開始後キャバリーノディフェンスが少しもたつく所を東洋紡が見逃さずキーパーの頭越しのシュートを決め先制点を奪う。キャバリーノは今回も追い上げる展開となってしまう。すぐさま反撃に転じ大町からのパスを受けたテラが、相手DFを一人外してシュートしたがキーパーのパンチングで防がれてしまう。その後も大町のシュート、ゴンのシュート、庄司兄のシュートとチャンスが続くが得点できず。一進一退の攻防が続き1-0のまま前半終了。後半のスタートから庄司兄に代わり兄ちゃん、家倉に代わり田畑、ポジション変更は林くんが左ハーフで田畑は左サイドバックに入る。後半開始からもほぼ互角の展開が続き、兄ちゃんのセンタリングシュート(伝説)やテラがもつれながら出したパスでダンがキーパーと1対1になるがシュートは防がれてしまうなど、惜しいチャンスはあるがゴールできず。後半15分キャバリーノはメンバー交代を林くんに代わり青木、ゴンに代わりイワンを投入。その後も後半20分ダンに代わりマサルが入る。ラスト10分は東洋紡ペースになるが必死のディフェンスで追加点は与えず、しかしチャンスも創れないまま試合終了。キャバリーノは試合内容は悪くはなかったが結果的に敗れてしまった。

 

第6節 6/22  東洋紡グラウンド 曇り
F.Cキャバリーノ 蹴球会
1 5
キャバリーノ得点者 テラ 1ゴール
今節キャバリーノは昨年度リーグ優勝チームの蹴球会との対戦。キーパーは風邪気味のノリユキ、負傷中のキョージュンに代わりセンターバックは正一、右サイドバックは家倉、左サイドバックに田畑、ボランチにゴンと林君、右ハーフに兄ちゃん、左ハーフに青木、トップ下に大町、2トップにテラと、和幸でスタート。試合開始から蹴球会はパスを繋ぎ試合の主導権をにぎり、キャバリーノは守備に追われ攻撃の形が全く作れない。そして開始から10分蹴球会に左サイドを崩されゴール前を横切る低いセンタリングが入りそれを押し込まれ先制点を奪われる。その3分後には再び左サイドからゴール前に高めのセンタリング、それをゴンと家倉二人ががりで相手FWと競るがヘディングで決められ2点目を与えてしまう。前半20分にゴンが足の痛みを訴えゆういちと交代、その後も蹴球会ペースで試合が進み、25分頃キャバリーノ左サイドをスルーパスで抜け出しそのままシュート、これが決まり3点目を奪われてしまう。そして前半が終了、キャバリーノの決定的チャンスといえばペナルティーエリア手前で相手のパスをカットしたテラが、相手ともつれながら和幸にパスをしたが惜しくもキーパーに弾かれたシーンぐらい。後半キャバリーノはセンターバックにキョージュン入り、正一がボランチの位置に、青木に代わり林くんが左ハーフの位置に入りスタート。蹴球会も前半のメンバーを入れ替えて後半戦スタート。開始5分後左サイドバックの田畑に代わり山口が入る。前半とは違い蹴球会のパスの連携がいまいちなところをキャバリーノは早いチェックでボールを奪いチャンスをつくる。そして後半10分和幸とのコンビネーションで右サイドに抜けたテラがゴール前に入れたボールが相手ディフェンダーに当たりコースが変わり、それをキーパーがキャッチミスしてゴールに入り1点を返す。そのゴールからキャバリーノは勢いにのりチャンスを何度か作る。兄ちゃんのコーナーキックがどんぴしゃのタイミングでテラのヘッドに来るが惜しくもゴール左へ外れてしまう。後半15分兄ちゃんに代わり庄司兄が交代、後半20分林君に代わりイワンが入る。キャバリーノは選手を交代した直後に守備の連携が少し悪くなり、そこでパスをインターセプトした相手FWにシュートを許し4点目を与えてしまった。そして試合終了前に左からのセンタリングを又してもヘディングで決められ5点目を奪われてしまった。キャバリーノは後半はじめの勢いを持続できたら逆転の可能性があったかもしれない。これで5連敗、今期初勝利はいつだろうか・・・。

 

第7節 6/29  運動公園多目的グラウンド 曇り
F.Cキャバリーノ 敦賀クラブ
1 2
キャバリーノ得点者 ダン  1ゴール
現在5連敗中のキャバリーノは今シーズン初勝利をかけて試合に挑む。スタートはキーパーに山口、センターバックにキョージュン、右サイドバックに岸、左にダン、正一のボランチで右ハーフに庄司兄、左ハーフに林君、トップ下にイワンとゆういち、2トップはテラとカズでスタート。試合開始からキャバリーノは早いチェックで敦賀クラブのボールを奪いにいき何度か成功するが、次第に敦賀クラブは落ち着きを取り戻し、パスがうまく回るようになる。そして敦賀クラブペースになってすぐの時間帯にキョージュンが相手のシュートをヘディングでクリアしようとしたが、自らのゴールに入ってしまい先制点を与えてしまう。そして前半15分キャバリーノはイワンに代わり田畑が入り、田畑はダンのポジションの左サイドバックへ、ダンはトップ下のポジションへ移動、更に庄司兄の右ハーフのポジションに兄ちゃんが交代。その直後に交代したポジションの隙を敦賀クラブは見逃さず、パスを繋ぎキーパーと1対1の状態から落ち着いて追加点を決め、キャバリーノは2点を追う苦しい展開になった。キャバリーノは更に足を痛めたゆういちに代わり青木が交代する。前半は敦賀クラブペースで2-0で終了。後半は右サイドバックの岸に代わり家倉が入り、テラがトップ下に移動、ダンはFWのポジションに移動してスタート。前半に比べ味方同士の距離を近めに修正したキャバリーノは敦賀クラブのパス回しに耐えながらも相手にチャンスは作らせない、敦賀クラブペースで試合が続く中キャバリーノのチャンスは右サイドでボールを受けたテラが狙いすましてゴール前の林君にセンタリングしヘディングシュートが惜しくもゴール上にそれてしまったシーン。それと相手のパスミスをカットしたテラがプレッシャーを受けながらダンにパス、ダンがキーパーと1対1の場面をつくるがダンのシュートはキーパーに止められてしまった。後半15分左ハーフの林君に代わりノリユキが交代。後半終了5分前にキョージュンが前方に出したボールを相手がクリアしそれを拾ったテラが相手ディフェンスラインの裏にパスそれを受けたカズがシュート、それをキーパーが弾いたがダンの前にこぼれ、それを落ち着いてヘディングで押し込み1点を返す。しかし間も無く試合終了のホイッスルが鳴り2−1で敗れてしまった。

 

第8節 7/13  東洋紡グラウンド 天候
F.Cキャバリーノ ALBION
キャバリーノ得点者 テラ  1ゴール
ダン  1ゴール
敦賀リーグ前半戦最終戦は今シーズンからリーグに参戦したALBIONとの対戦。キーパーにノリユキ、センターバックに正一、右サイドバックは家倉、左サイドバックに林、ボランチにゴンとゆういち、右ハーフに兄ちゃん、左ハーフにハセチン、トップ下に大町、2トップにテラと、ダンでスタート。試合開始からキャバリーノが主導権をつかみ、右ハーフの兄ちゃんから再三チャンスをつくる。右のコーナーキックからのセンタリングがテラのヘッドに合うが、惜しくもゴール左に外れる。その5分後に兄ちゃんがゴール前に入れたボールを相手キーパーがこぼし、それをテラが軽く押し込み先制点を奪う。その後もシュートの場面は数多く掴むが、追加点には至らない。そして後半20分兄ちゃんのコーナーキックにダンがボレーで合わせやっと追加点を得る。その後も前半終了までに何度かいいチャンスを作るが追加点は奪えなかった。後半スタートに家倉に代えて岸、ハセチンに代わりイワン、ダンに代わりカズが交代。後半スタートからもキャバリーノペースで試合が進み、開始5分左ペナルティーエリア付近からカズとワンツーで抜けたテラがシュートするがバーの上に外してしまう。そして兄ちゃんが庄司兄と交代、その後にテラとまさる、ゴンと山口が交代、林と田畑が交代する。キャバリーノはメンバーが大幅に入れ替わった事により、試合のながれは五分五分といった感じになり、お互いにチャンスをなかなか作れなくなる。一進一退で試合は進み、後半惜しいチャンスはゴール前の混戦でまさるが触ったボールが庄司兄の所へこぼれシュートしたシーン、惜しくもボールは外れてしまった。なんとか無失点で試合終了し、キャバリーノは待望の今期初勝利となった。課題は今回もやはりゴール前での決定力不足だろう。もう少し点差をつけてしまえば後半はもっと楽な展開にできたはず。

 

第9節 9/14  粟野スポーツセンターG 晴れ
F.Cキャバリーノ エキセントリックボーイズ
8 1
キャバリーノ得点者 ヒラッチ 5ゴール
テラ 1ゴール
兄ちゃん 1ゴール
カズ 1ゴール
夏の嶺南大会が終わり、市内リーグ再開1試合目はエキセントリックと対戦。キーパーにノリユキ、センターバックはキョージュンに代わり正一、右サイドバックに和幸、左サイドバックに林、ボランチにゴンとゆういち、右ハーフは庄司兄、左ハーフにハセチン、トップ下にテラ、2トップはまさると大学の夏季休暇中の平吹でスタート。試合開始から平吹のスピードをいかした攻撃でチャンスをつくり、ゴンのパスから平吹が先制点を奪うと、その後も平吹のパスをテラが決めて2点目、右に流れたテラからキーパーと相手ディフェンスの間にグラウンダーのパスをマサルとハセチンがキーパーとからみ、こぼれたところを平吹が押し込み3点目。開始20分まさるに代わり青木がフォワードの位置に入る。その後4点目はテラのスルーパスを平吹が決める。この時点で平吹はハットトリック達成。前半終了前キャバリーノは全体のバランスが悪くなり、エキセントリックに攻め込まれ、右からのセンタリングをクリアミスしてしまいゴール前にこぼれたところを押し込まれ相手に得点を許してしまう。後半スタート時に庄司兄に代わり兄ちゃんが右ハーフに、ハセチンに代わり岸が入り右サイドバックに、和幸がフォワードに移動、青木は左ハーフに移動し後半スタート。しばらく一進一退の攻防が続くが左のスペースに抜け出たテラがダイレクトで左足で放ったシュートを相手キーパーがこぼし、そこに詰めていた兄ちゃんが落ち着いて決めて5点目を奪う。この得点からエキセントリックは動きが悪くなりキャバリーノペースで試合が進む。追加点はテラのパスからキーパーと1対1になった和幸が今期初ゴール、その後も右からテラのセンタリングを平吹が決めて7点目、そして最後はゴール前の混戦で林が平吹にパス?したボールを平吹がネットに突き刺し8点目を決めたところで試合終了。平吹の大活躍により大量得点で今シーズン2勝目を挙げた。

 

第10節 9/21  運動公園多目的グラウンド 曇り
F.Cキャバリーノ ですぺら〜ど
2 1
キャバリーノ得点者 カズ 1ゴール
テラ 1ゴール
先週エキセントリックに大量得点で勝利したキャバリーノ、今節はですぺら〜どと対戦。先発メンバーは手を負傷したノリユキに代わりキーパーは山口、センターバックに正一、右サイドバックに兄ちゃん、左サイドバックに林、ボランチにゆういちとキョージュン、右ハーフに庄司兄、左ハーフにノリユキ、トップ下は大町、2トップは和幸と平吹というメンバーで試合開始。キャバリーノのペースで試合が進み開始から5分、大町からのパスでキーパーと1対1になった和幸が落ち着いてループシュートを放ち先制点を獲得。その後も相手ゴール前でチャンスをつくり、大町が狙いすましてシュートを打ったが惜しくもバーに当たり追加点ならず。キャバリーノがなかなか追加点を奪えない中、ですぺら〜ども落ち着きを取り戻し、五分五分の試合展開になる。1−0のまま前半が終了し後半スタートからキャバリーノはメンバーを2人交代する。庄司兄に代わり岸が入り右サイドバックへ、兄ちゃんが右ハーフの位置に移動、前半1点を決めた和幸に代わりダンがフォワードへ、そして大町が2トップの一角に移動し平吹がトップ下の位置へ移動して後半戦スタート。後半も五分五分の展開で試合が進み、キャバリーノは相手のオフサイドにかかりシュートチャンスまでいけない時間帯が続く。そこで後半7分キョージュンに代わりゴンがボランチへへ、後半15分ノリユキに代わりハセチンが左ハーフに入る。しかしその直後ですぺら〜どの外国人選手アンディに同点ゴールを決められ試合は振り出しに戻る。キャバリーノは勝つため更に選手交代、大町に代わりテラ、ゆういちに代わり青木が入る。その交代からテラと平吹のスピードを生かした攻撃で試合の流れが変わり、いいチャンスを幾つか作り出す。そして左サイドを平吹がスピードで突破しゴール前へ一気に迫り、並走していたテラにパス、テラは左足で難なくゴールし決勝点を決める。キャバリーノ最後の交代はダンに代わりまさるがフォワードに入る。試合終了前再び平吹とのコンビで抜け出したテラが相手キーパーとディフェンスラインの間にグラウンダーのパスを送るが惜しくもまさるがシュートミスし追加点を奪えなかった。最後は相手のセンタリングを山口ががっちりキャッチしたところで試合終了のホイッスルが鳴り響き、リーグ戦3連勝を飾る。次節は今期最終戦のジャクエツ戦にいい状態で臨む事になった。


第11節 10/5  粟野スポーツセンターG 晴れ
F.Cキャバリーノ ジャクエツFC
2 0
キャバリーノ得点者 テラ 2ゴール 
今シーズン最終節、ライバルのジャクエツと対戦。スタートのメンバーはキーパーノリユキ、センターバックは欠場のキョージュン、正一に代わり山口、左サイドバックは林、右サイドバックは兄ちゃん、ボランチにゴンと、ボランチ初体験の家倉、右ハーフに庄司兄、左ハーフにハセチン、トップ下に大町、2トップはテラとFWで初出場のゆういちというメンバーで試合開始。今回控え選手は岸のみ。試合開始からキャバリーノの早いチェックでジャクエツはボールを繋げず、開始早々5分にパスカットしたゆういちからテラへスルーパスが通り、キーパーと1対1になったテラは左45度からゴール右上へ芸術的なアーチを描くゴールを決め先制点を奪う。その後もキャバリーノペースで試合が進み、家倉が左足で放ったシュートやテラが後ろへ戻したパスを大町がシュート等惜しいチャンスが続くが追加点を奪えず前半終了。後半開始から左ハーフはハセチンに代わり岸が交代。後半もキャバリーノペースで進むが徐々にジャクエツも個人技の突破からシュートにまでもっていけるシーンが見られるようになる。しかし後半15分右サイドの庄司からゆういちへボールが渡りゆういちがラインぎりぎりからゴール前に入れたボールに走りこんだテラが左足で合わせ待望の追加点を奪う。追加点を奪われジャクエツの攻撃が少し鈍くなり、その後もキャバリーノはジャクエツゴールを攻め続けるが、ペナルティーエリア右からのテラのフリーキックはバーを越えてしまう。ゴール前でテラのパスを受けてキーパーと1対1になったゆういちのループシュートはバーに当たりゴールならず、ゴール前の混戦からフリーの岸が放ったシュートはキーパーにキャッチされる。最後まで攻めつづけるが結局3点目は奪えずに試合終了。決定力という課題は残るが、両サイドのディフェンスの林と兄ちゃんの安定した守りとセンター山口の経験を生かした守り、ゴンの体を張ったチェックとカバーリングによるディフェンス等、失点0で試合を勝てたのは大変良かった。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------