2000年詳細 2001年詳細 2002年詳細 2003年詳細 2004年詳細 2005年詳細 2006年詳細 2007年詳細 2008年詳細 2009年詳細
2010年詳細 2011年詳細 2012年詳細 2013年詳細
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

━2004シーズン成績━

 

第1節 4/11  粟野スポーツセンターG  晴れ
F.Cキャバリーノ 敦賀クラブ
1 1
キャバリーノ得点者 大町  1ゴール
今シーズンから1部と2部に分かれる事になり、キャバリーノは1部リーグでスタートとなった。そしてシーズン開幕戦は昨年度リーグ3位の敦賀クラブと対戦。スタメンはキーパーに山口、センターバックに正一、右サイドバックに青木、左サイドバックにハセチン、ボランチにゴンとカズ、右ハーフに庄司、左ハーフにノリユキ、トップ下にゆういち、フォワードにテラと家倉でスタート。試合開始からキャバリーノは早めのチェックで敦賀クラブにプレッシャーをかけ相手のミスを誘いチャンスを狙う。しかし攻撃の形を作れずにシュートまでいけない。対する敦賀クラブもキャバリーノディフェンスの集中した守りに苦しみ決定機を作れない。そして前半15分オフサイドと勘違いした青木が転がってきたボールを手で掴んでしまいペナルティエリア近くで相手にフリーキックを与えてしまうが、何とかそのピンチも切り抜けた。しかし前半20分ペナルティーエリアに進入した相手をゴンが倒してしまいペナルティーキックを与えてしまう。これをあいては落ち着いて決め先制点を許してしまう。キャバリーノは前半に何とか同点にしようとするがゴールできずに前半終了。後半庄司に代わって新メンバーのタチが交代しノリユキに代わりキョージュンが交代、家倉に代わり大町が交代。後半もキャバリーノの早いチェックで敦賀クラブが苦しむ展開で後半10分テラが相手ディフェンダーのトラップミスを奪いゴール前まで進むがゴールできず。後半10分ゆういちに代わり兄ちゃんがトップ下に入り何度か惜しいチャンスをつくるがシュートまでいけない。残り時間が気になってきた後半25分、ボールを受けたテラが大町に絶妙の浮き球のパスを送り、それを受けた大町がゴールのサイドネットに突き刺し待望の同点ゴール。残り5分は一進一退の攻防が続くがそのまま試合終了。キャバリーノは1部残留に向けた貴重な勝ち点1をゲットした。

 

第2節 4/18  運動公園多目的G 晴れ
F.Cキャバリーノ 美浜クラブ
0 4
キャバリーノ得点者 なし
第2節、昨年優勝の美浜クラブとの対戦。ベストメンバーで臨みたいところだが主力メンバーが数人抜け、11人ギリギリでの戦いを強いられた。スタメンはキーパー山口、センターバックに正一、右サイドバックに青木、左サイドバックにハセチン、ボランチにキョージュンとカズ、右ハーフに庄司、左ハーフにノリユキ、トップ下に兄ちゃん、フォワードに家倉とタチでスタート!キャバのキックオフ後いきなりボールを奪われる!美浜クラブはいきなり100%攻撃!たじろぐキャバリーノであったが、前半10分までなんとか猛攻を食い止めた、しかし、ついに左から持ち込んだ相手FWにゴールを決められる!前半何度かキャバリーノにもチャンスが生まれる!っが、慣れないFW陣のオフサイドでシュートに持ち込めずに、攻撃のリズムを作れない。逆に前半20分すぎ、美浜クラブの攻撃で左からのセンタリングにヘッドで合わされ2点目を奪われる。キャバリーノは精神的なダメージを与えられた。前半が終了し、点を取れないもどかしさに呆然としながら、ベンチに引き上げるメンバー達。すると・・ベンチにはいないはずのメンバーのテラが現われた。疲れきったメンバー達にほんのわずかな希望が復活した!テラは笑顔を浮かべ「待たせたな・・俺が入るからもう大丈夫」、と言ってメンバーを勇気付ける。タチに代えてテラがFWに入り後半開始。しかし美浜クラブは疲れも見せず、相変わらずの猛攻撃。テラがボールを持ちなんとか攻撃的になるが、相変わらずパスが繋がらない。なんとか縦にパスを出せてもオフサイドになる。そして後半10分、20分に計2点を決められ、終わってみれば0-4の完敗。テラは救世主になれなかった・・。この試合、惨敗だったが若いメンバーにとってはいい経験になったと思われる。

 

第3節 5/9   東洋紡グラウンド 曇り+強風
F.Cキャバリーノ 東洋紡FC
0 1
キャバリーノ得点者 なし
今節は7/11の試合が東洋紡側の都合により早まって開催された。キーパーに山口、センターバックに正一、右バックに青木、左バックにハセチン、ボランチにゴンと和幸、右ハーフはタチ、左ハーフにキョージュン、トップ下に大町、フォワードはテラと家倉でスタート。試合は強風のなか開始し風下にたったキャバリーノは中々前に進めない。対して東洋紡は追い風に乗って攻める展開。キャバリーノの集中したディフェンスでなかなか攻撃の形が作れないがついに前半20分、青木の守る右サイドを突破され先制点を奪われる。その後タチに代わり庄司が交代したがそのまま守りっぱなしで前半終了。後半のスタートから家倉に代わりトップ下にゆういち、大町はフォワードに移動、キョージュンに代わりノリユキが入る。前半と違い追い風になったキャバリーノだが、相手のプレッシャーを受けながら正確にパスをつなげず攻撃の形を作れない。10分が経ち青木に代わり岸が交代、続いてゴンに代わりイワンが交代する。キャバリーノはキーパー山口のロングキックから何とか攻撃のチャンスを作ろうとするがシュートにまで中々いけない。後半20分に庄司に代わり兄ちゃんが入り右からのセンタリングで相手ディフェンスを崩そうとするが、攻めきれずに試合終了。強風という悪条件のなか最後まで集中を切らさずに戦ったが勝てなかった。


第5節 5/23  東洋紡グラウンド 晴れ
F.Cキャバリーノ 東洋紡FC
0 7
キャバリーノ得点者 なし
前節から2週間空いて再び今節は東洋紡FCと対戦。今回は天候もよく前節のリベンジに燃えるキャバリーノだが・・・スタートのメンバーはキーパーにノリユキ、センターバックが正一、右バックがイワン、左バックがハセチン、ボランチに和幸と兄ちゃん、右ハーフは庄司、左ハーフにキョージュン、トップ下にテラ、フォワードはゆういちと家倉でスタート。いきなり東洋紡にパスを回されあっという間に1点目を奪われる。その後も両サイドを崩されセンタリング攻撃に見事にはめられ前半だけで6失点をしてしまう。途方に暮れるキャバリーノメンバーだが、ハーフタイムに気持ちを切り替えて後半に臨む。交代は右ハーフにタチカワ、右バックに青木が入ってスタート。前半とは違いややキャバリーノペースで試合が進み、何度か東洋紡ゴールに攻め込みチャンスをつくる。しかしあと少しでシュートまでいけない。対する東洋紡はコーナーキックから更に1点を追加する。ところがキャバリーノは今更1点取られたことで気にはならない。そして試合終了まで惜しいチャンスを何度かテラが演出するがゴール決めきれずに試合終了。東洋紡に2連敗する結果になってしまった。

 

第6節 5/30  運動公園多目的G  曇り
F.Cキャバリーノ 蹴球会
2 3
キャバリーノ得点者 テラ 2ゴール
昨年2位の蹴球会との対戦。しかし蹴球会はメンバーが少ない状態。キャバリーノのスタメンはキーパーノリユキ、センターバックに正一、右バックにキョージュン、左バックにハセチン、ストッパーがイワン、ボランチがゴン、右ハーフ庄司、左ハーフ和幸、トップ下にテラ、2トップは青木と家倉。相手よりも人数が多い状態で試合開始したが、蹴球会は正確なパスとドリブルでキャバリーノディフェンスを苦しめ何度もシュートを放つ。キャバリーノはボールを奪っても効果的な攻撃が出来ずに、パスミスなどで相手ボールにしてしまう。そして前半5分頃相手に先制点をうばわれてしまう。その後も人数の少ない蹴球会にペースを握られたまま時間が経ち、前半20分頃相手コーナーキックをゴール前でクリアしきれずに押し込まれ2点目を与えてしまう。前半が終了しキャバリーノはテラを1トップにしトップ下の位置に青木とキュージュンが並ぶ。イワンに代わりタチカワが入り、家倉が右バックに移動して後半開始。ポジションの変更がうまくいき、後半はキャバリーノが試合のペースをつかんだ。そして後半10分頃左の和幸からボールを受けたテラのシュートが一度はキーパーにはじかれるがもう一度シュートし1点を返す。しかし5分後に右サイドを抜かれて3点目を奪われるが、ゴンに代わり兄ちゃんが交代し攻めるキャバリーノ。そして後半15分頃キョージュンからパスを受けたテラがキーパと1対1の状態になり落ち着いてゴール右上にシュートを決め2点目をゲット。その後もキャバリーノは攻めつづけるが、終了間際の兄ちゃんのコーナーキックも活かし切れずに試合終了。リーグ戦4連敗と1部リーグでの苦しい戦いは続く。

 

第8節 6/13  粟野スポーツセンターG 晴れ
F.Cキャバリーノ サントス
0 5
キャバリーノ得点者 なし
今節のスタートはキーパーに山口、センターバックに正一、右サイドバックに兄ちゃん、左サイドバックはキョージュン、ストッパーにイワン、ボランチはゴン、右ハーフ庄司、左ハーフ和幸、トップ下はゆういちと青木でワントップがテラという布陣でスタート。1人数が少ないサントスに対し早めのプレッシャーをかけ自由にパスを回させないキャバリーノ、しかしボールを奪っても正確なパスの繋ぎが出来ずになかなかシュートまでいけずに時間が進む。サントス相手にほぼ互角の内容の0−0で前半終了。後半に入りハセチンが左サイドバックに入り、コンディションが不調の正一に代わりキョージュンがセンターバックへ、庄司に代わって入った家倉が右サイドバックに入り、兄ちゃんが右ハーフにポジションチェンジ。後半10分まで怒涛の攻撃を見せるキャバリーノ、しかしシュートが決まらない。それに対しサントスはペナルティエリアのすぐそばでもらったフリーキックのチャンスを直接ゴールしついに試合の均衡が破れる。その後も相手のコーナーキックを青木がクリアミスでオウンゴール、同じくコーナーキックから家倉が自ゴールにヘディングでオウンゴールで一気に3点差をつけられる。意気消沈のキャバリーノに対して勢い付いたサントスがパスを回し次々とチャンスをつくる。必死で守るキャバリーノディフェンスとキーパーの山口、しかし4点目、5点目を決められ試合終了。前半の内容からいくとここまで大量失点するとは思えなかったが、フリーキックを直接決められた時点からチームの歯車が狂ってきたターニングポイントと言えるだろう。ここまででリーグ戦5連敗、1部残留が厳しくなってきた。

 

第9節 6/20  運動公園多目的G 曇り
F.Cキャバリーノ 蹴球会
0 7
キャバリーノ得点者 なし
今年2度目の蹴球会との試合。スタートはキーパー二日酔い山口、センターバックは正一、右バックは家倉、左バックは欠場のハセチンに代わりキョージュン、ストッパーイワン、ボランチがゴン、右ハーフにタチカワ、左ハーフに和幸、ゆういちと青木のトップ下でフォワードにテラ。前回の対戦と違い、蹴球会はフルメンバーを揃えてきた。試合開始5分、キーパーの山口のキックが相手選手に当たりゴール前に転がったところを押し込まれいきなり先制点を与えてしまう。その後もキャバリーノは攻め続けられ、コーナーキックからヘディングでゴール前に落とされたボールをシュートされ2点目、3点目はシュートをキャッチしきれずにこぼした所を押し込まれてしまう。キャバリーノは相手ゴール手前まで行けてもシュートを打てない。そのまま3点差のまま前半終了。後半は右ハーフタチカワに代わり庄司兄が交代ではいりスタート。前半同様に蹴球会のペースで試合が進み、奪われたボールを素早く前線のスペースに出され一気にシュートまで持って行かれる攻撃で更に2点を追加されてしまう。キャバリーノは流れを変えようとストッパーのイワンに代わり岸が交代し右サイドバックのポジションへ、右バックの家倉がボランチのポジションへ移動する。しかし相変わらず攻められる時間が長いままセンタリングから1点、カウンターから更に1点追加され7点差にされてしまう。こうなると何とか1点でも奪いたいキャバリーノ、ボランチのゴンに交代で兄ちゃんが入り攻撃参加。そして最大のチャンスが訪れる!右サイドにでたパスをテラがラインギリギリでゴール前に折り返し、青木が絶妙のスルー、そこにフリーのゆういちがシュートするが惜しくもボールはゴールの上に・・・。その後テラが右足肉離れで負傷し試合終了。0−7の大差で負けてしまった。

  

第11節 7/18  運動公園多目的G 曇り
F.Cキャバリーノ サントス
0 3
キャバリーノ得点者 なし
この日は多少風の強い中サントスと今年2度目の対戦。スタートはキーパー山口、センターバック正一、右サイドバック家倉、左サイドバックハセチン、ボランチはゴンとキョージュン、右ハーフに庄司兄、左ハーフにゆういち、トップ下2人はカズと青木、フォワードはテラで試合開始。風上をとったキャバリーノがやや有利に試合を進める展開、何度かシュートにもっていくが相手キーパーに阻まれる。前半最大の惜しいチャンスはカズからのセンタリングを相手ディフェンダーのマークを外したテラがゴール前でボレーシュートを放つが惜しくもゴール右上に外れてしまった場面。しかしその後にゴールから遠めのサントスのフリーキックが風に乗りゴールに吸い込まれて先制点を奪われてしまう。気を取り直して後半は右サイドの庄司兄に代わりタチが交代。今度は風下になったキャバリーノが攻められる時間が多くなる。そしてハセチンの左サイドからドリブルで突破されてしまい、ゴール前になだれ込んだ相手プレイヤーにフリーでシュートされ2点目を与えてしまう。その後負傷したハセチンが兄ちゃんと交代した際、大きく空いたスペースにスローインから突破され先程と同じようにゴール前に折り返されてまで3点目を与えてしまった。キャバリーノの後半最大のチャンスは相手ペナルティエリア近くでボールを奪ったテラからのパスを青木がドリブルで持ち込み相手ディフェンダーとキーパーを切り返しでかわしたまでは良かったが、最後フリーでシュート!という場面でシュートミスしゴールできなかった場面。結局今回も無得点で試合終了し7連敗。しかし内容的には前回の試合よりは良かったので、チームの雰囲気は割と明るかった。

 

第13節 9/26   東洋紡グラウンド 曇り
F.Cキャバリーノ 敦賀クラブ
4 0
キャバリーノ得点者 平吹 2ゴール
テラ 1ゴール
兄ちゃん 1ゴール
前節から途中嶺南大会をはさみ久しぶりの市内リーグ戦、キャバリーノは今期初勝利をかけて試合に臨む。スタートはキーパー山口、センターバックにキョージュン、右バックに新戦力のアキムラ、左バックにカズ、ボランチはゴンと正一、右ハーフに兄ちゃん、左ハーフにゆういち、トップ下に大学から帰省中の平吹、2トップはテラと復帰したハットリ。キャバリーノのキックオフで試合開始から早目のチェックで敦賀クラブにプレッシャーを与えパスを繋げさせない。キャバリーノは平吹、ハットリを中心に攻撃の形をつくり何度惜しいチャンスがあった。まずハットリからの絶妙のクロスをテラがボレーシュート。左サイドのゆういちからのパスを受けたテラがシュート。どれもあと少しで決められない。しかし先制点は相手のミスから決まった。キーパーへのバックパスをカットしたテラがキーパーまでかわし無人のゴールに流し込む。その後もキャバリーノの攻撃は続き、ゴール前で相手を引き付けた平吹が右から上がってきた兄ちゃんにパス、フリーの状態でゴールのサイドネットに落ち着いて決め2点目を奪う。その後ハットリからパスを受けたゆういちのシュートから3度くらいシュートあったが相手の必死の守りでゴールできず。その後もハットリの狙いすましたシュートは相手キーパーのナイスセーブで弾かれてしまう。追加点はゴール前の混戦の中テラとワンツーを決めた平吹がゴール。敦賀クラブもゴール前へ正確なセンタリングからヘディングシュートするが山口がパンチング弾きでゴールを許さない。ほとんどキャバリーノペースで前半は終了し。後半スタートでのメンバー交代は兄ちゃんに代わり庄司兄、ゆういちに代わりハセチンが入り後半開始。後半もキャバリーノペースで試合は進み最初の決定的チャンスは正一の浮き球のパスでオフサイドラインを抜け出た平吹がキーパーと1対1になるがゴールできず。後半10分になりゴンに代わりノリユキ、15分にはテラに代わりまさる、ハットリに代わり青木が入る。メンバーが多く入れ替わった事によりキャバリーノはパスが繋がりにくくなり、敦賀クラブにボールを持たれる時間が増えてくるが、キョージュン、アキムラ、カズの安定したディフェンスでシュートまでいかせない。特にアキムラのパスカット、カバーリングは見事で頼もしく感じた。そして試合終了5分前に平吹がペナルティーエリアの右からドリブルでゴール前に切り込み5、6人かわしてゴールというスーパープレーで4点目を決め大きくガッツポーズ。まもなく試合終了しキャバリーノは念願の今期初勝利を4−0という完璧な結果で掴み取った。次節もこの勢いで美浜クラブに挑む。


第14節 10/3  粟野スポーツセンターG 曇り
F.Cキャバリーノ 美浜クラブ
0 4
キャバリーノ得点者 なし  
リーグ戦最終節はすでに全勝で優勝をきめている美浜クラブとの対戦。キャバリーノのスタメンは前節の敦賀クラブ戦からほとんど変わらず、右サイドが兄ちゃんではなく岸、平吹に代わり2トップの一角にゆういちが入った。試合開始からすごい勢いでボールを奪いに来る美浜クラブ、キャバリーノはその速さに初めは戸惑うが慣れてくると逆に早いプレッシャーをかけ相手のミスを誘い、ボールを奪ったら確実にパスをつなぎゴールに迫る展開となった。しかし最後のシュートまでなかなかいけなかったがハットリのファーストシュートが出ると続いてテラがシュート、そしてハセチンからいいパスを受けたゆういちだがあと少しの所でキーパーにキャッチされる。ハットリがポストプレーから落としたボールをゴンがシュートするがゴール上へ。キャバリーノペースで試合は進むが、前半15分頃、相手選手が接触プレーで倒れてプレーを止めようとしてしている所をゴール前までパスを繋がれシュート、それが決まり先制点を与えてしまう。何とか同点にしようと攻めるキャバリーノは前半20分頃相手のスローインをキーパーがキャッチしペナルティエリア内で間接フリーキックを与えられ、正一とカズのコンビで蹴ったキックはあと少しでハセチンのヘッドに合わず。ペナルティエリア付近でハットリの放ったシュートのコースは良かったが相手キーパーがギリギリで弾いてコーナーキックに。ゲームを支配しながらゴールを決められず0−1で前半が終了。後半スタートのメンバー交代は右サイドの岸に代わり兄ちゃんが入る。後半に美浜クラブは何人かメンバー交代し攻撃に変化をつけてきた為か、やや美浜クラブペースで試合が進んだ。そして前半10分頃左サイドよりでボールをカットされゴール前までパスを繋がれ2点目を与えてしまう。ここでメンバー交代、ボランチのゴンに代わり家倉、左サイドのハセチンに代わりノリユキが交代。しかしこの追加点から全体に動きが悪くなったキャバリーノ、続けてドリブルでかわされ3点目を奪われてしまった。さらにメンバー交代は2トップのテラとゆういちに代わり青木と庄司兄が入る。その後も美浜クラブペースで試合が進むがキャバリーノも何度か惜しいチャンスはつくった。しかし右からのセンタりングを豪快にボレーで4点目を決められしまう。そのまま試合は終了し今期最後のリーグ戦は苦い結果で終わってしまった。しかし美浜クラブ相手に、前半押し気味に試合ができた所はチームとしてかなり自信にもなり、いい経験つめたと思う。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------