2000年詳細 2001年詳細 2002年詳細 2003年詳細 2004年詳細 2005年詳細 2006年詳細 2007年詳細 2008年詳細 2009年詳細
2010年詳細 2011年詳細 2012年詳細 2013年詳細
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

━2006シーズン試合詳細━

 

第1節 4/9  粟野スポーツセンター  晴れ
F.Cキャバリーノ 東洋紡FC
4 3
キャバリーノ得点者 アッキー 2ゴール
ヒラッチ 1ゴール
やまちゃん 1ゴール
2006シーズン1部リーグ開幕戦スタメンはキーパー紀之、センターバックに山口、左バックにやまちゃん、右バックにアッキー、ボランチは正一とハットリ、右ハーフにケンちゃん、左ハーフにハセチン、トップ下兄ちゃん、2トップはテラとヒラッチでスタート。試合開始から相手ゴールへ迫りアッキーのミドルシュートが決まり先制点。その後もキャバリーノペースで試合が進み、再びアッキーのミドルシュートが同じような形から決まり2点目。続いて正一からのパスでヒラッチがゴール前でのシュート決まり3点目。試合が早くも決まったかに思えたが、後半に入り東洋紡の逆襲にあう。センタリングからのヘディングシュートを決められて、キャバリーノもやまちゃんがゴール前の混戦から押し込み4点目とするがその後はやや東洋紡ペースで試合が進みマークのずれから2点追加されてしまう。しかし反撃もそこまででタイムアップ、辛くも1点差でキャバリーノは開幕戦を勝利した。

 

第2節 4/23 粟野スポーツセンター 晴れ
F.Cキャバリーノ 蹴球会
0 8
キャバリーノ得点者 なし -
GKのりちゃん CBアッキー 左SBカズ 右SBボス ボランチ正一、服部 右けんちゃん、左ひらっち トップ下あに FWやまちゃん、ゆうちゃんでスタート。前半開始早々から、蹴球会の早いチェックに阻まれ、ボールの支配率が少ない。何度か攻めあがるが、決定的なチャンスにはならない。何とか耐えて守っていたものの、前半10分に1点を入れられ、その後はあれよあれよという間に、前半だけで4点を与えてしまった。後半、ポジションの大幅入れ替え、交代として、ボスに代わりテラがFW、右サイドバックは兄がはいる。左サイドにゆうちゃんを下げ、はっとり、ひらっちの若手を前線にあげて攻撃の手を強めた。結果前半よりかなりボール支配率もあがり、惜しいゴールチャンスも何度もできた。後半途中から、カズに変わり岸ちゃん、ゆうちゃんに代わりイワン。しかし、蹴球会の守備を最後まで崩せず、結果後半にも4点入れられ、終わってみれば0−8・・・。数人の体調不良者がいたものの、1部リーグトップチームの強さを痛感した試合だった。

 

第3節 /  試合会場 天気
F.Cキャバリーノ サントス
- -
キャバリーノ得点者 - -
延期


第4節 6/11  粟野スポーツセンター 晴れ
F.Cキャバリーノ 美浜クラブ
4 7
キャバリーノ得点者 テラ 2ゴール
ハットリ 1ゴール
常勝チーム美浜クラブとの対戦。キーパーは紀之、センターバックがキョージュンと正一、右サイドバックが岸、左サイドバックがハセチン、中央にハットリとカズ、右ハーフにけんちゃん、左ハーフが兄ちゃん、2トップはテラとゆういちでスタート。試合開始から美浜クラブに攻め込まれ、まだ立ち上がり集中できていない間に次々にシュートを決められて4点差とされてしまう。前半が終了し、後半開始後にも追加点を決められたが、そこからキャバリーノの反撃が始まる。中盤をコンパクトに保ち、ボールへのプレスを早くしボールを奪ってから相手のディフェンスライン裏を狙う作戦。ハットリからのスルーパスを受けたテラが一気に加速し1対1からきっちりゴールを決める。次はゴール前に攻め込んだ混戦からハットリがシュートを決め2点目、3点目は美浜DFがキーパーにバックパスしたのをキーパーが判断を誤りそのままゴールインし自殺点。4点目はハットリのシュートをキーパーが弾き、そこに詰めていたテラが押し込んだ。しかし美浜クラブもこちらのミスやチャンスにはきっちりゴールを決め、結果は4-7で試合終了。キャバリーノは前半の大量失点が悔やまれる結果となった。

 

第6節 7/2  粟野スポーツセンター  雨
F.Cキャバリーノ 東洋紡FC
1 3
キャバリーノ得点者 ハットリ 1ゴール
今節から1部リーグも2巡目に入りキャバリーノは開幕戦で勝利した東洋紡と対戦。キーパー紀之、センターバックに正一、右サイドバックに新加入のかばちゃん、左バックはハセチン、ボランチはハットリとカズ、右ハーフにケンちゃん、左ハーフにゆういち、トップ下に兄ちゃん、2トップは久々のごんとテラのコンビ。試合の方は前節と違い、開始から早いプレスを仕掛けボールを奪いに行くキャバリーノ、東洋紡はそれをかいくぐりチャンスを作る。そして前半15分、ディフェンスのちょっとしたミスから先制点を奪われる。キャバリーノもハットリのパスを受けたテラが左足でシュートするがゴールを外れる。その後も何度か惜しいチャンスを作るが、逆に東洋紡に追加点を許してしまい前半終了。後半からキャバリーノはポジションに変更を加え、1トップにごん、兄ちゃん、テラ、ハットリ、カズの4人で薄くなっていた中央を固め、ボールを確実に奪ってからパスを繋ぎ、攻撃に転じる作戦をとる。後半開始から前半以上にするどくプレスをかけ、ボールを奪う姿勢が全面にでたキャバリーノ、その勢いで攻撃もチャンスを数多く作り、開始10分後、兄ちゃんのパスを受けたハットリがキーパーまでかわしてゴールを決め1点差に迫る。勢いに乗ったキャバリーノペースで時間は過ぎるが、後半20分にディフェンスの中途半端なクリアから失点をしてしまう。キャバリーノは最後まで攻め続け得点を狙うがタイムアップ。追加点は奪えず敗れてしまった。

 

第7節 /  試合会場 天気
F.Cキャバリーノ -
- -
キャバリーノ得点者 - -
嶺南大会と日程が重なった為延期

 

第7節 9/24  粟野スポーツセンター 曇り
F.Cキャバリーノ サントス
1 2
キャバリーノ得点者 なし オウンゴール
嶺南大会に優勝し意気上がるキャバリーノ、リーグ後半戦最初の対戦はサントス。スタートはキーパー紀之、センターバックに山口、右バックにキョージュン、左バックにカズ、ボランチにごんと正一、右ハーフにけんじ、左ハーフにハセチン、トップ下にハットリ、2トップはゆういちと兄ちゃん。サントスの人数が少ないため前半はスローペースで試合が進み、そんな中何度か惜しいチャンスをキャバリーノは作るが得点するまでにはいかない。最大の決定機はドリブルでキーパーと1対1になったゆういちがキーパーまでかわすが1歩届かずゴールできなかったシーン。後半に怪我をおして出場していたハセチンに代わりテラが入り、ゆういちが左ハーフにポジションチェンジ。前半と変わりサントスが動きとポジションに変化をつけてパスをまわし、キャバリーノは防戦一方になる展開が続く。2点を失い反撃にでるが試合終了間際にカズがゴール前に入れたボールを相手がオウンゴールし1点返したが時すでに遅し。1部残留にむけて痛い1敗をしてしまった。

  

第8節 10/15  粟野スポーツセンター 晴れ
F.Cキャバリーノ 蹴球会
0 4
キャバリーノ得点者 なし -
嶺南大会決勝と同じ対戦になり、リベンジに燃える蹴球会に対するキャバリーノのスタートメンバーはキーパー紀之、センターバックに山口、右バックにキョージュン、左バックにハセチン、ボランチにごんと正一、右ハーフにけんじ、左ハーフにハットリ、トップした兄ちゃん、2トップはテラとザッキー。前半はお互い譲らず5分5分の展開、危ない場面もキーパー紀之の好セーブでピンチを逃れる。0-0で前半が終わり、後半開始後キャバリーノが集中しきれていない時間帯に蹴球会は猛攻を仕掛け、先制点を奪った。その後も気落ちしたキャバリーノに対し次々と得点を重ね、0−4で試合終了。キャバリーノは嶺南大会でのリベンジをされてしまった・・・。

 

第9節 10/22   粟野スポーツセンターグラウンド 晴れ
F.Cキャバリーノ 美浜クラブ
5 2
キャバリーノ得点者 けんちゃん 2ゴール
アッキー 1ゴール
ザッキー 1ゴール
ゆういち 1ゴール
常勝チーム美浜クラブに対し1部残留にはもう負けられないキャバリーノ。スタートはキーパー山口、センターバックにアッキー、右バックに岸、左バックにハセチン、ボランチに正一とカズ、右ハーフけんじ、左ハーフキョージュン、トップ下は兄ちゃん、2トップはゆうちゃんとザッキー。風邪気味で絶不調のキョージュンをサブに試合開始を待ったが、服部は寝坊にて、キョージュンは責任をとってそのまま左ハーフで先発出場。美浜クラブは9人、キャバリーノは大きなチャンスを手にいれた。コートは美浜クラブが試合終了後のゴール片づけしんどい方をとり、一笑い、キャバは万歳。前半スタート、向かい風の中、両チームともチャンスを作る。体力・技術的に勝る美浜は少人数の中でもボールを回しゴールに迫る。そんな中、イヤなムードを断ち切ったのは前半10分、ボスからパスを受け、ケンちゃんが右からのクロスっぽいふんわりシュートでキーパーの頭をこえキャバ1点目のゴール!(けんちゃん大喜び) 良い気分になったキャバリーノは少し体制を整えた・・・がしかし、相手は美浜クラブ。センターバックのアッキーがチャッピーの動きを封じていたが、前半18分?3人のDFが抜き去られ確実にシュートを決められた。キャバはちょっとブルームーン。その数分後、集中していたコーナーキックをにヘッドで決められ、更にブルームーン。前半を終わって1−2・・・。イヤなムード・・。誰もいないハズのキャバリーノベンチに、体育座りで大人しく待つ男が約1名・・・はっとりである。「すみませんでした・・」の一言に、優しいキャプテン代理の兄ちゃんは優しくほほえんだ。人数が多いにもかかわらず得点をあげられずオフサイドかかりまくりのFW陣にみんなからアドバイス。キョージュンは「しんどいしんどい」言いながらも、「交代してくれ」とは一言も言わないので、「まだいけるな?」って聞いた。「・・しんどいしんどい・・」。交代したくなさそう→よしいける!服部は、後半交代するとも言っていないのに、さっさとユニホームに着替えている(笑)まぁ、意地悪はやめておいて、ボス交代の予定を変更し、岸に交代をお願いし、岸は快く引き受けてくれた。そして後半スタート服部が左ハーフに入り、ボールのパス回しが断然よくなったキャバリーノ。追い風も手伝って、ボール支配率をかなり上回る。そんな中、後半8分センターバックのアッキーがドリブルで駆け上がり、難しい角度からシュートをキャバ2点目を決める!併走していた兄ちゃんは無視・・・。続いて、後半13分、ザッキーからゴール前の兄ちゃんにパスが回る、かなりフリーだったので、みんなからは「シュート!」の声。しかし冷静な兄ちゃんは更に確実な方法を0.05秒で探した・・再びドフリーのザッキーへ素早いパス。ザッキーは冷静に3点目ゴールをたたき込んだ!後半18分、ゴール前にボールがこぼれ揉みくちゃに・・そんな中いち早くボールをもって抜け出したのが、本日ゴールを決めてうひょうひょのケンちゃん!思いっきり放った地を這うシュートはキーパーの足に当たった・・。が、今日のケンちゃんは勢いがあった。そのまま詰めていたケンちゃんはこぼれたボールを再びタイガーショット。キャバ4点目のゴールが突き刺さった。(更に興奮したケンちゃんは、ゴールネットから跳ね返ってきたボールを「うひょー」とか言いながら興奮して再度タイガーショットしていた。)キャバリーノはこれだけでは終わらない。後半25分、キョージュンから前線へ送られた浮き球を、兄ちゃんがヘッドへゆうちゃんの足下へ。ゆうちゃんはこれで3度目ぐらいのチャンス!うまくキーパーの足下を抜き、がら空きのゴールへ丁寧にキャバ5点目をたたき込んだ。美浜クラブも攻めあがるシーンが何度もあったが、DF陣の冷静な活躍によって、決定的なチャンスは失った2点だけだった。美浜の一人がかなり乱暴なプレイで、中盤のキャバリーノをなぎ倒す。さすがに5回目にはイエローがでた。もう紳士の美浜クラブではない。そいつに、「こんなとこに負けるなや!」って言われて、オッサンの兄ちゃんもキレかけた。ピンチになると結構汚いファールするよな・・。まぁ・・とりあえず勝ったし。よかったよかった。


 11/26  粟野スポーツセンター 曇り
F.Cキャバリーノ サントス
1 5
キャバリーノ得点者 テラ 1ゴール 
延期になっていたサントスとの試合は1部リーグ残留に向けた直接対決のステージとなった。ここまでの勝ち点はキャバリーノが6サントスが5、キャバリーノは引き分け以上で1部残留となる。スタートメンバーはキーパーに紀之、センターバック山口、右バックキョージュン、左バックハセチン、ボランチはカズと正一、右ハーフかばちゃん、左ハーフゆういち、トップ下兄ちゃん、2トップはテラとザッキー。キャバリーノは円陣を組み、気合をいれて試合開始、大事な試合という事か気温が低い為かキャバリーノは前半は動きが固く思うようにパスを繋げずサントスのペースで試合が進み、ゴール前で危ないシーンが続く。そしてオウンゴールで2失点をしてしまい重い空気がチームを包む。キャバリーノも何度かいいチャンスをつくるがシュートの精度が悪く得点できなかった。気を取り直して後半は中盤を厚くする為に兄ちゃんに代わりごんを投入、ザッキーをひとつ下がり目にしてテラの1トップの布陣に変更。前半よりは動きが良くなり相手陣内に攻め込む回数が増えたが、攻めた後のカウンターで逆に失点を増やしてしまった。残り時間が少なくなり焦るキャバリーノは豊富な運動量でチャンスを作っていたかばちゃんが足がつってしまい、イワンに交代、さらに左サイドのゆういちに代わりはっとりが入り逆転を狙う。後半残り10分程から怒涛の反撃をするキャバリーノ、その中心になったのが果敢なオーバーラップで前線に飛び出しチャンスをつくるキョージュン、そして中盤で体を張った守備からボールを奪い味方にパスを繋ぐごん。そのごんから右のスペースに最高のパス!それを受けたザッキーが中に切り込みシュート!キーパーが慌ててこぼした所をテラが押し込み1点を返した。残り時間も攻撃を繰り返すがついに終了のホイッスル。1-5で敗れキャバリーノの2部降格が決定してしまった。ザッキーとかばちゃんは転勤の為この試合が最終となるが、勝って終われなかったのが残念だった。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------