2000年詳細 2001年詳細 2002年詳細 2003年詳細 2004年詳細 2005年詳細 2006年詳細 2007年詳細 2008年詳細 2009年詳細
2010年詳細 2011年詳細 2012年詳細 2013年詳細
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

━2010シーズン試合詳細━

 

第1節  4/4  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 美浜クラブ
0 7
キャバリーノ得点者 - なし
昨年優勝チームである美浜クラブとの対戦、キャバリーノは控え選手のいない11人で挑む。キーパーはごん、センターバックに正一、右バックに岸、左バックにおぐぽん、ボランチがカズときょーじゅん、右ハーフがイッシー、左ハーフがハセチン、トップ下にテラ、2トップがマスとヤンボーでスタート。キャバリーノは高い守備意識で美浜クラブの攻撃の芽をつみシュートに持ちこませない、攻める美浜クラブ、必死で守るキャバリーノという展開が続くが、キャバリーノはテラのクリアしようとしたボールを拾われ失点してしまう。その後もキャバリーノは集中した守備を見せ前半は0-1で乗り切る。後半開始後も前半同様な展開だったが、美浜クラブのコーナーキックから失点を許し追加点を与えてしまった。更にコーナーキックから得点を許してしまうと、後半途中から前半から続けていた守備の疲れが出はじめ、全体の運動量が落ちてくると完全に美浜クラブペースとなり、試合終了時には0-7となっていた。1試合を通して集中力を切らさずに守備を続けるのは難しいミッションだった・・・。

 

第2節  4/18  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 東洋紡FC
4 1
キャバリーノ得点者 テラ 2ゴール
坂本 1ゴール
ます 1ゴール
晴天に恵まれ、開幕でともに敗れたチーム同士の対戦、キャバリーノはキーパー松ちゃん、センターバックに正一、左バックハセチン、右バック山口、ボランチがヨシユキとオグぽん、右ハーフがハットリ、左ハーフ坂本、トップ下テラ、2トップはますとヤンボーでスタート。早いプレスをかけボールを奪い、攻撃をしかけるキャバリーノ、開始早々に得たコーナーキックを坂本ちゃんが頭で合わせ先制点を奪った。その後もキャバリーノペースで進み、ハットリのパスで裏のスペースに抜けたテラが追加点を奪う。続けてループシュートで再びテラがもう1点を追加し、3-0で前半を終えた。後半スタート時にはせちんに代わりカズ、ヤンボーに代りゆうすけ、正一に代わりキョージュンとメンバーの交代を行なった。後半もキャバリーノペースで試合が進むが、追加点を奪えずにカウンターを受ける事もあったが、松ちゃんのスーパーセーブにより失点を許さない。そしてゆうすけ、マスのコンビでゴール前に迫り、一度はキーパーが弾いたボールをマスが執念で押し込み追加点を奪い4-0とした。試合終了前にミスから失点を許してしまうが、4-1という結果で今期初勝利を挙げた。

 

第3節  6/13  粟野スポーツセンター  くもり
FCキャバリーノ 敦賀クラブ
5 3
キャバリーノ得点者 テラ 3ゴール
坂本 1ゴール
オグぽん 1ゴール
敦賀クラブとの対戦は点の取り合いになる激闘を何とか制し市内リーグ2連勝となった。スタートのメンバーはキーパー松ちゃん、センターバックきょーじゅん、右バック岸、左バックはキャバリーノデビューの中山さん、ボランチにハットリと坂本ちゃん、右ハーフにけんじ、左ハーフにオグぽん、トップ下ヨッシー、2トップはテラとます。試合開始まもなくあっさりと敦賀クラブに先制点を許し、つづいてハーフウェイライン付近でボールを奪われたものをそのままドリブルでぶっちぎられ2点目も与えてしまう。キャバリーノは前方に蹴るだけの攻撃で殆んど形にならず、修正できないまま前半が終了。ハーフタイムにポジションの確認と修正を行なった結果、後半は中盤でパスが繋がるようになり、サイドのスペースを有効に使い攻撃ができるようになった。そして反撃の1撃は坂本ちゃんがまず1点返し、続いてテラが得点し同点とするが敦賀クラブも追加点を奪い2-3とされる。しかしキャバリーノの勢いは止まらなかった、テラがハットリの好パスを決め再び同点とすると、更にヨッシーからのパスも決めてついに逆転した。とどめはオグぽんのゴールで5-3とすると勝負は決まった。

 

第5節  7/4  粟野スポーツセンター  雨
FCキャバリーノ TCSS
0 4
キャバリーノ得点者 - -
前日から降り続ける雨の中、今シーズンより市リーグ参入チーム「TCSS」との対戦。スタートのメンバーはキーパーごん、センターバック山口、右バック岸、左バック正一、ボランチが兄ちゃんとキョージュン、右ハーフが新メンバーの島ちゃん、左ハーフがハットリ、トップ下がオグぽん、2トップはテラとます。前半はお互いがゴールチャンスを作るが決めきれない時間が続き一進一退の展開だったが、均衡が破れたのは自陣ペナルティーエリア内での競り合いで相手選手を押したという判定からPKを与えてしまい、これを決められ0-1とされ前半は終了。後半は1点負けているキャバリーノは前ががりになり、相手にパスを回すスペースを与えてしまいシュートされるシーンが続き、カウンターにより追加点を許すと、TCSSは更に勢いに乗り、次々とドリブルやスペースへのパスでチャンスを作る。それに耐え切れず0-2、0-3とされるが、その中でもキョージュン、山口が果敢に前線に攻撃参加し、惜しいチャンスを作るが、あと少しでゴールには結びつかなかった。結局さらに失点し、0-4で試合は終了し、今期2敗目を喫してしまった。

 

第6節  8/8  粟野スポーツセンター  天気
FCキャバリーノ 美浜クラブ
0 5
キャバリーノ得点者 - -
今節、キャバリーノは人数が揃わなかったため試合を棄権した。0-5の敗戦扱いとなる。

 

第7節  9/26  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 蹴球会
0 0
キャバリーノ得点者 - なし
9/19のサンピアフットサルカップ決勝で対戦した蹴球会と対戦。5-6で敗れたフットサル大会にリベンジを喫する意欲で今回は臨んだ。スタメンはキーパーに松ちゃん、センターバックが山口とハセチンのコンビ、右サイドバックは岸、左サイドバックは今節デビューのゆうきくん、ボランチが兄ちゃんとオグぽん、右ハーフにヤンボー、左ハーフがます、トップ下がよしゆき、1トップテラの4-2-3-1の布陣。パスを繋ごうとする蹴球会に対しプレッシャーをかけペースを握らせず、ボールを奪ってチャンスをつくる。そしてテラがキーパーと1対1になる先制のチャンスが訪れるがテラのシュートはキーパーの正面で得点できず。互角の展開が続き0-0で前半が終了。後半スタートでヤンボーに代えてノブきゅん、ハセチンに代えてカズ、兄ちゃんに代えてキョージュンを投入。後半開始後は蹴球会がペースを握りシュートチャンスを生み出すが、松ちゃんの好セーブで得点させず、ディフェンスが集中力を取り戻す。再び互角の展開が続くが、徐々にだがキャバリーノの決定機が増えてくる。キーパーがこぼしたボールに詰めたゆういちのシュートはギリギリ入らず、続いてゆういちがドリブルからゴール前に折り返した浮き球のパスをテラがあと少しで触れず、ゴール前にこぼれたボールをゆういちが押し込むがオフサイドの判定。それらいくつかの決定的チャンスにも得点を奪えず0-0の引き分けで試合は終了した・・・。

  

第8節  10/3  粟野スポーツセンター  曇り
FCキャバリーノ 東洋紡FC
1 0
キャバリーノ得点者 よしゆき 1ゴール
強風が吹くコンディションにて東洋紡FCと対戦。スタートのメンバーはキーパー兄ちゃん、センターバックは山口とカズ、右バックは岸、左バックはゆうき、ボランチがオグぽんと坂本ちゃん、右ハーフがます、左ハーフがなべっち、トップ下はよしゆき、1トップがテラでスタート。試合開始早々から東洋紡は早い攻撃を仕掛けペースを握りコーナーキックを得てチャンスを作る展開が続く。それらの攻撃をキャバリーノが凌いで中盤でボールの奪い合うという五分五分の展開が続き前半は終了。後半開始時のメンバー交代は岸に代えてキョージュンを投入しセンターバックで山口とコンビを組み、カズは右バックに移動する。後半開始後も五分五分の展開となるが、相手オフサイドで得たフリーキックを山口が空いてDFライン裏に蹴り込み、それを受けたよしゆきがキーパーとの1対1を確実にゴールし、待望の先制点となった。先制点を得たキャバリーノは勢いに乗り、また追い風の影響も得てペースを握り始めるが、東洋紡もそれをさせるまいと選手交代を行う。キャバリーノもますに代えて中山さん、テラに代りゆういち、なべっちに代りイワンを交代する。もう1点と攻めるキャバリーノ、奪ってからのカウンターを狙う東洋紡という展開が続くが、その後どちらにもゴールは生まれず試合終了。キャバリーノが1-0で勝利した。


第4節延期分  10/10  粟野スポーツセンター  小雨
FCキャバリーノ 蹴球会
1 1
キャバリーノ得点者 よしゆき 1ゴール
延期となっていた蹴球会との試合が小雨の降る中で行なわれた。キャバリーノのスタメンは、キーパーに山口、センターバックはきょーじゅんとカズ、右バックがイワン、左バックはヤンボー、ボランチがごんとオグぽん、右ハーフがます、左ハーフがテラ、トップ下がよしゆき、1トップはゆういち。試合開始から蹴球会が主導権を握りキャバリーノゴールに迫る。キャバリーノは攻められながらもカウンターのチャンスを伺う。蹴球会の圧倒的ボール支配率からシュートまで行くが、キャバリーノはシュート間際できっちり体を寄せ、プレッシャーをかけることでシュートミスを誘う。ゴール枠に飛んだシュートはキーパーの山口が危なげなく処理する。そして前半途中にカウンターのチャンスが訪れた、ごんのスーパーなインターセプトから、前線のゆういちに繋ぎ、相手DFと競り合いながらゆういちはゴール前のよしゆきにスーパーなパスを送る。ゴールファーサイドにてほぼフリーで受けたよしゆきは冷静にキーパーの届かない場所にスーパーなゴールを決めた。前半のたった1回のチャンスをものにしたキャバリーノが1-0で前半は終了。後半も蹴球会のペースで試合が進み、キャバリーノは自陣での守備に追われるが、ボール際の必死のプレーで蹴球会に自由にさせない。しかしついにコーナーキックからゴール前のこぼれ球を押し込まれ同点にされてしまった。同点にしたことで勢いがつく蹴球会の攻撃に耐えつつキャバリーノは反撃のチャンスを伺うが、ついに試合はタイムアップ、1-1の同点で終了した。蹴球会に勝っていれば勝点で上回り、リーグ2位になるチャンスを逃してしまった。この日東洋紡FCがTCSSに敗れたことでキャバリーノは単独3位となった。


第9節  10/24  粟野スポーツセンター  曇り
FCキャバリーノ TCSS
2 4
キャバリーノ得点者 ヒデ 1ゴール
ゆういち 1ゴール
敦賀リーグは残り2戦、現在3位のキャバリーノは上位の結果次第では順位が上がるため、勝利を重ねるだけというシンプルな目標をもってTCSSと対戦。スタートのメンバーはキーパー山口、センターバックはカズと坂本ちゃん、右バックが中山さん、左バックがゆうき、ボランチはオグぽんと新加入のトム、右ハーフがヤンボー、左ハーフがなべっち、トップ下よしゆき、1トップがテラの4-2-3-1の布陣。キャバリーノは試合開始から主導権を握ろうと前線からプレスをかけて高い位置でボールを奪いシュートに持ち込もうとするが、ラストパスの精度が悪く、いい形でシュートに持ち込めない。シュートができた場合でもゴール枠を外すシュートが続く。TCSS陣内でプレーをし主導権を握った状態だったが、TCSSはキャバリーノディフェンスがゴール前で犯したミスを逃さずにワンチャンスで先制点を奪ってしまう。先制点を奪われた事によりキャバリーノは前掛かりになって攻めようとするが、この事により中盤のバランスが崩れ厚い攻撃ができなくなった。1点ビハインドで向かえた後半、ヤンボーに代え新加入のヒデ、なべっちに代えてゆういち、中山さんに代えて岸を投入。中盤を再構築するため、岸、カズ、ゆうきの3バックに変更し坂本ちゃんを1つ前のポジションに上げる。同点に追いつこうとするキャバリーノだが、その出鼻をくじくようにTCSSが追加点を奪った。2-0とされ苦しくなるが、勝利を目指してボールを追ってボールを奪い攻撃をしかける。そしてフリーの状態でボールを受けたよしゆきからヒデにスルーパスが通り、ヒデが反撃の1点目を挙げる。1点を返し更に攻撃に勢いが出てきたキャバリーノは右サイドのヒデからのセンタリングをゆういちがヘディングで決めて2-2の同点にする。しかしTCSSはその直後にカウンターからゴールを奪い再び1点差とする。キャバリーノも追いつこうと選手交代を行なう。トムに代えてます、ゆうきに代えてイワンが出場。しかし疲れが出てチャンスが作れず残り時間が減っていく、そして終了前に再びカウンターから2点差となる4点目を奪われて万事休す。2-4で敗戦となった。


第10節  10/31  粟野スポーツセンター  曇り
FCキャバリーノ 敦賀クラブ
1 7
キャバリーノ得点者 テラ 1ゴール
敦賀リーグ最終節、前節敗れたことによって5位に転落したキャバリーノはリーグ最終戦を勝って終わりたいところ、スタートのメンバーはキーパーごん、センターバックにきょうじゅんとイワン、右バックは岸、左バックはゆうき、ボランチがオグポンとマー君、右ハーフがけんじ、左ハーフがます、トップ下がよしゆき、1トップがハットリでスタート。試合開始直後で動きがかたいキャバリーノに対し敦賀クラブは早々にシュートまでもっていき先制点を挙げた。失点により意気消沈したキャバリーノはボール際での競り合いに負け、リズムを作れない。ボールを奪っての攻撃もやや無理があり、チャンスにならない。前半は押されっぱなしの展開でイワンに代わり、ゆうすけが入るが、前半終了時には4点差となっていた。ハーフタイムのミーティングで開き直って元気良くサッカーすることでまとまり、ハットリを左サイドに移し、ますに代わって1トップにテラが入る。後半は見違えるように動きがよくなり、相手ボール保持者に対しきっちりプレスをかけることでボールを奪い、そこから中盤のオグポン、マー君、よしゆきでボールを繋ぎ、チャンスの形になってきた。しかし敦賀クラブはコーナーキックからゴール前の競り合いで勝ち、追加点を奪い5点差とする。その後も中盤では5分5分の展開が続くが、キャバリーノ待望の得点はよしゆきが相手DFラインの裏に出したパスにテラが先に追いつき、ゴール右隅に決めて4点差とする。これで勢いがつき反撃に出たキャバリーノだが、敦賀クラブのコーナーキックやカウンターから更に失点をしてしまい、1-7で試合終了となった。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------