2000年詳細 2001年詳細 2002年詳細 2003年詳細 2004年詳細 2005年詳細 2006年詳細 2007年詳細 2008年詳細 2009年詳細
2010年詳細 2011年詳細 2012年詳細 2013年詳細
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
━2012シーズン試合詳細━
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 1 節  4/1  粟野スポーツセンター  雨
FCキャバリーノ 若狭医療専門学校
キャバリーノ得点者 けんじ 1ゴール
三田村 1ゴール
よしゆき 1ゴール
2012シーズンの開幕戦は昨年と同じく若狭医療専門学校(以下若狭医療)と対戦となった。先発はキーパーごん、センターバックコッヒー、右サイドバックは兄ちゃん、左サイドバックはます、ボランチがヨッシー、右ハーフが三田村、左ハーフがけんじ、トップ下おぐぽんとゆうすけ、2トップはテラとよしゆき。冷たい雨が降りしきる中試合が開始。バランスのいいポジション取りからプレッシャーをかけてボールを奪うことができたキャバリーノが主導権を握りチャンスを作る。けんじのミドルシュートがゴールに吸い込まれ先制点を奪い、幸先のいい試合展開。その後もお互いチャンスを作るがキーパーの好セーブによりゴールが生まれない展開が続くが、けんじのパスミスからゴールを決められ同点とされてしまう。前半は1-1で終了し、後半開始からのキャバリーノのメンバー交代は、消えていたゆうすけに代わりジャッキー、体調不良のますに代わり岸が交代となる。後半も互角の展開が続くが、若狭医療がキーパーと1対1のチャンスをものにして逆転に成功する。しかしキャバリーノもすぐに反撃、ヨッシーのパスを三田村が落ち着いて決め同点とするが、またしても若狭医療がキーパーと1対1のチャンス決め3-2とする。キャバリーノも負けじとけんじのセンタリングをよしゆきがヘディングでゴールし3-3とする。後半残り10分、テラに代わりヤンボーが出場。若狭医療にやや押され気味になるが、そのままタイムアップ。お互い点を取り合う好ゲームとなった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 2 節  4/8  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 蹴球会
キャバリーノ得点者 テラ 1ゴール
1週間前の開幕戦とは違い、すっきり晴れて春らしい天気のなか強敵蹴球会と対戦。スタートはキーパー松ちゃん、センターバックは新加入の生井ちゃんと兄ちゃん、右バックにマス、左バックにゆうすけ、センターハーフによしゆきとおぐぽん、右ハーフは三田村、左ハーフはジャッキー、2トップはテラとヤンボーのコンビ。ゆっくりとしたペースで試合は進み、組織的なプレスからボールを奪ったキャバリーノがまずチャンスを作った、テラが倒されて得たフリーキックをよしゆきが相手の油断を見逃さずにゴール前のテラへ、ボールを受けたテラはトラップから素早くシュート、それが先制点となりキャバリーノは勢いづく。しかしこの得点を機に蹴球会も本気モードの攻撃を開始。キャバリーノのポジションがずれている所に的確にパスを回しゴールに迫る。対するキャバリーノも必死についていき、クリアやタッチラインに蹴り出して難を逃れるシーンが続く。しかし、ゴール前のクリアが小さかった所を拾われて、繋がれて、シュートされて、ついに同点ゴールを許してしまう。その後キャバリーノも相手ディフェンスを崩すパス回しから、決定機を作るが決めきれないシーンを見せるが、前半終了前に追加点を許してしまい1-2と逆転される。後半開始にはヤンボーに代わりごんが入り左ハーフへ、左ハーフのジャッキーはテラと2トップを組む。ゆうすけに代わり久々にカズが出場しそのまま左バックに。後半はまず1点返そうと意気込むキャバリーノが集中したプレーを見せ、蹴球会のパス回しを自由にやらせずにマイボールにする時間を増やし、試合のペースを握りつつも、シュートに持ち込むまではいけない展開が続く。無情にも刻々と時間は進み、結局スコアは動かず試合終了。蹴球会相手に善戦はしたが、勝つチャンスは少ないながらもあっただけに悔やまれる試合となった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 3 節  4/29  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 敦賀クラブ
キャバリーノ得点者 三田村 1ゴール
良く晴れて夏のような暑さの中敦賀クラブと対戦。スタートはキーパー兄ちゃん、センターバックはコッヒー改めコマッキーとナマのコンビ、右バックは岸、左バックはカズ、センターハーフはハセチン、ヨシユキ、キョージュン、右ハーフは三田村、左ハーフはマス、1トップがテラでスタート(控えメンバーなし)。開始から積極的にボールを奪いにプレッシャーをかけ、敦賀クラブのパス回しを自由にやらせないキャバリーノ、ボールを奪い相手ゴールに何度も迫る。ボールを失っても早めのプレッシングからボールを奪い返し相手陣地でプレーする時間を増やすという素晴らしい試合の入り方ができた。その流れからマスのパスを受けた三田村がペナルティエリアにドリブルで侵入し、放ったシュートがゴールに突き刺さり先制点を得ることができた。理想的な形で先制点を奪ったキャバリーノだが、暑さからか徐々に運動量が落ち始め、敦賀クラブに対してプレッシャーをかけるのが徐々に遅くなりつつあった。プレッシャーが甘くなると個人技で勝る敦賀クラブのパス回しが冴えはじめ、シュートまでもっていく回数が増えてきた。そしてついにキーパーとDFの連係ミスから敦賀クラブに同点を許してしまい、1-1となった。その後も敦賀クラブのペースで試合は進み、前半終了前にも追加点を許してしまい1-2で前半を終える。主審のジャッジに一貫性がなく不安定で、しかも敦賀クラブ寄りの笛を吹くような違和感を感じつつも、気を取り直して後半に臨む。相変わらず敦賀クラブのパス回しにチャンスを作られる場面があるが、この日キーパーに入った兄ちゃんが、素晴らしいセービングやキャッチングのファインプレーを連発しチームを救う。キャバリーノも少なからずもシュートチャンスを作る場面もあるがゴールを奪えない。1-2の状態で試合が動かず試合は進み、次の1点で試合が決まるという時間帯になり、苦しみながらも何とか得点を奪ったのは敦賀クラブの方だった。1-3となり試合は終了。キャバリーノは開幕から3戦して勝ち星なし、1分け2敗という結果。今シーズン初勝利はいつになるだろうか・・・。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 4 節  5/13  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 東洋紡
キャバリーノ得点者 テラ 1ゴール
三田村 1ゴール
よしゆき 1ゴール
5月の爽やかにに晴れた日曜日、市リーグ第4節が開催され、未だ未勝利のキャバリーノは東洋紡と対戦。先発はキーパーにノリユキ、センターバックにコッヒー改めコマッキーと兄ちゃん、右バックは岸、左バックはます、センターハーフにヨッシーとよしゆき、右ハーフが三田村、左ハーフはヤンボー、2トップはテラとジャッキーの4-4-2でスタート。キャバリーノ、東洋紡ともお互いを探り合うような感じで試合が開始、お互いにゴール前にボールを運びつつもシュートチャンスまで行けないに攻防が続くが、キャバリーノのミスから相手にシュートチャンスを与えてしまい先制点を許してしまう。その後にも自分達のミスから更に追加点を許してしまい、キャバリーノは苦しい試合展開としてしまう。しかし、キャバリーノも上手くパスを繋いでゴール前に侵入し、三田村が放ったシュートに詰めたテラがボレーで押し込み1点差とする。その後も互角の展開が続くが、キャバリーノはまたしても自分たちのミスから相手にチャンスを与えてしまい、追加点を許してしまい1-3で前半が終了。後半開始にキャバリーノはメンバーチェンジを行う。左サイドバックのますを左ハーフのポジションに上げハセチンが左バックに、右バックの位置に兄ちゃんが移動しナマがセンターバックに入って後半開始。しかし後半開始直後、相手選手が放ったミドルシュートがコマッキーに接触してコースが変わりゴール左隅に吸い込まれ1-4となってしまう。3点差となったキャバリーノだが、点差が開いてしまったが逆に開き直ってゲームを進め、いつも通り落ち着いて前線からプレッシャーを掛けボールを奪いチャンスを作り、それが実ってヨッシーから絶妙のスペースへのパスが三田村に通り、ゴール前に持ち込んだ三田村がきっちりシュートを決めて2-4とする。三田村のゴールにより勢いづくキャバリーノだが、またしてもミスにより続けざまに2失点してしまい2-6となる。まずは1点という気持ちで懸命にボールを奪い攻めたてるキャバリーノ(試合終盤は完全にキャバリーノペース)前からプレッシャーを掛けボールを奪いチャンスを次々と作り出す。そして試合終了間際にコーナーキックからこぼれたルーズボールがよしゆきの前に、ハーフバウンドを擦りあげるように打ったドライブシュートの行方は、吸い込まれるように相手ゴールネットに突き刺さった。まるでキャプテン翼の漫画のように、ドライブシュート!決まったぁぁぁぁぁぁーって感じで3-6とするが、間もなく試合は終了し、今節もキャバリーノは勝利できず1分け3敗となってしまった・・・。敗れたにせよ、メンバー全員が全力を出した結果であるため、爽やかな試合であったことは間違いないと思える。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 5 節  8/26  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ N.S.C
キャバリーノ得点者 タッシー 4ゴール
とびちゃん 4ゴール
ます 1ゴール
6月に延期とした第5節NSCとの試合を猛暑の中行った。キャバリーノのスタートはキーパー松ちゃん、センターバックはコマッキーとなまちゃん、右バックに岸、左バックにハセチン、ボランチがよしゆきと新加入のオーシャン、右ハーフに新加入の谷口さん、左ハーフは三田村、2トップがどちらも新加入のタッシーととびちゃん。試合開始から暑さに負けずにキャバリーノは相手にプレッシャーをかけてボールを奪い、新加入メンバーを中心に鋭い攻撃を次々と仕掛ける。新メンバーの意気込みがチーム全体に刺激を与え、いつもになくミスもなく的確なパスを繋いで試合のペースは序盤でキャバリーノが支配した。いつゴールが決まってもおかしくない雰囲気だったが、先制点を取ったのはカウンターを成功させたNSCだった。0-1とされるが今日のキャバリーノは逆転できる自信があった。ハセチンが負傷しカズに交代したアクシデントがあったが、ゲームを支配しているキャバリーノにゴールチャンスはすぐにやってきた。キーパーのゴールキックを上手くカットしたタッシーが同点とするゴールを決めると、さらにコーナーキックを相手がクリアミスしたのを迷わずタッシーが左足を振りぬき逆転ゴールを決め、更に5分後には三田村からパスを受けたとびちゃんがゴールを決めて2点差とする。2トップの活躍であっさり3-1として前半は終了。後半開始から満を持して谷口さんに代わりテラが入る。テラはセンターハーフの位置に入りオーシャンは得意のサイドにポジションチェンジ、右サイドバックの岸に代わりますが同じポジションに入って後半開始。前半同様に相手にボールを持たせる余裕を与えずプレッシャーをかけてボールを奪い、相手ゴールに迫るキャバリーノ。後半はゴールラッシュとなった。4-1とするゴールはますからとびちゃん、5-1とするゴールはオーシャンからのタッシー、さらにタッシーで6-1、タッシーからのとびちゃんで7-1、三田村からのとびちゃんで8-1、最後は三田村からのますで9-1。9-1とするまでの間、選手交代も次々と行い、先日ロシアから再び来日したイワン、新加入の井上さん、おなじみのヤンボー、最後はキョージュンを投入。2007年に対エキセントリック戦で記録した8-1を上回る大量得点で勝利した。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 7 節  7/29  粟野スポーツセンター  天気
FCキャバリーノ TCSS
キャバリーノ得点者 -
人数が揃わないため棄権とし不戦敗となった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 8 節  10/7  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 東洋紡
キャバリーノ得点者 タッシー 2ゴール
テラ 1ゴール
オーシャン 1ゴール
三田村 1ゴール
東洋紡との試合はキャバリーノが試合の主導権を握り、5-2で勝利した。スタメン、試合経過は理由あって省略。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 9 節  10/14  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ N.S.C
キャバリーノ得点者 よしゆき 1ゴール
N.S.Cとの試合はよしゆきのゴールで先制するものの逆転を許し敗北。スタメン、試合経過は理由あって省略。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 10 節  10/28  粟野スポーツセンター  雨
FCキャバリーノ 敦賀クラブ
キャバリーノ得点者 オーシャン 1ゴール
なべっち 1ゴール
よしゆき 1ゴール
リーグ最終節、敦賀クラブとの試合はお互いにゴールを奪い合うシーソーゲームとなった。試合終了前にゴールを決められ今シーズン最終戦を勝利で飾れず。スタメン、試合経過は理由あって省略。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------