2000年詳細 2001年詳細 2002年詳細 2003年詳細 2004年詳細 2005年詳細 2006年詳細 2007年詳細 2008年詳細 2009年詳細
2010年詳細 2011年詳細 2012年詳細 2013年詳細
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
━2014シーズン試合詳細━
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 1 節  9/28  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ N.S.C
1 5
キャバリーノ得点者 兄ちゃん:1ゴール
例年と異なり秋から開幕となった敦賀市サッカーリーグ。初めて前年王者として開幕を迎えるキャバリーノの先発メンバーは、キーパー松ちゃん、センターバックにコマッキーとよしゆき、右バックにキャバリーノデビューとなるますぱんこと益田、左バックはいつも通りハセチン、ボランチはきょうじゅんと三田村、右ハーフに元センタリングマシーンの兄ちゃん、左ハーフは今年加入のひろぽんこと野崎、2トップはテラとなべっちの4-4-2の形でスタートする。試合開始直後、開幕戦のプレッシャーか動きが堅いキャバリーノは中盤で簡単にボールを奪われるミスを繰り返し、早々に失点をしてしまう。しかし徐々に押し返し得たコーナーキックでキッカーのテラが蹴ったボールはカーブを描き、ゴール前の兄ちゃんにぴたりと合い、兄ちゃんの気持ちのこもったヘディングシュートがゴールネットを揺らす。同点としたキャバリーノだが、相手選手の強引なドリブル突破に手こずり守備に追われる。ついには失点を許し前半を1-2で折り返す。後半開始から逆転を狙いシステムを4-3-3に変更する。各選手のポジション変更はボランチのきょうじゅんとセンターバックのよしゆきを入れ替え、左ハーフのひろぽんに替えてまっすんを投入。3トップは右から三田村、なべっち、テラと並ぶ。反撃に出たいキャバリーノだが、慣れない4-3-3システムのためかボールの奪いどころが定まらず、相手に押し込まれる展開が続く、結局後半はチャンスらしいものを大して作れず更に3失点し、1-5で試合終了となった。残念ながら作戦失敗と言わざるをえない結果となり、リーグ連覇に向けた戦いは苦しいスタートとなった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 2 節  10/12  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 敦賀クラブ
0 5
キャバリーノ得点者 なし
市リーグ第2節は強豪敦賀クラブとの対戦。開幕戦で攻撃の形を作れなかったキャバリーノは昨年と同じ4-2-3-1に戻し勝負をかける。先発メンバーはキーパーにノリユキ、センターバックによしゆきときょうじゅん、右バックは岸、左バックはまっすん、ボランチは兄ちゃんと正一、右ハーフはジャッキー、左ハーフは新加入のしんちゃん、トップ下はテラ、1トップはなべっち。控えメンバーはひろぽん、三田村、ゆうすけ、みなりん。試合開始から敦賀クラブは巧みなパスワークでボールを回し、キャバリーノがボールを奪いに行っても簡単にパスやドリブルかわされる。右サイドバックの岸のポジションのディフェンスが弱さわ見抜かれると、次々にそこから攻め込まれ、前半開始早々に失点してしまう。しかしその後すぐに高い位置でボールを奪ったテラがなべっちとのパス交換でペナルティエリアに侵入しシュートを放つが、ボールは惜しくもゴールポストをかすめて同点ならず・・。その後は敦賀クラブのパス回しによりポジションのバランスが崩され、相手の思う壺の展開に。結局前半だけで4失点を喫し終了。得点差が開いたが、後半はまず守備時のバランスをきっちりやることを目標にし、選手交代とポジション変更を行った。よしゆき、きょうじゅん、兄ちゃんの3人を最終ラインとし、中盤の構成はボランチに正一とひろぽん、右ハーフに遅れて来た三田村、左ハーフは変わらずしんちゃん、トップ下にテラとジャッキー、1トップも変わらずなべっちとした3-6-1で後半スタート。システム変更により守備時のバランスが良くなったため、敦賀クラブのパスの出所とトラップ際にプレッシャーがかかるようになり、ボールを奪える回数が増える展開になった。しかし、ボールを奪った後パスを繋ごうとするが、相手プレッシャーに耐え切れずパスを繋げずチャンスを作れない。攻撃は後方のよしゆきからのロングボールにテラが競り勝った場合にのみ相手ゴール前にいける程度で得点の可能性は低い。後半は1失点に抑えたが、得点は生まれず、0-5で敗戦。個人能力、チーム力の差がはっきりでた試合内容となった。今後の課題は、ボール奪取後のプレッシャーをかいくぐり、ボールをゴール前に運ぶ事であると思える。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 3 節  11/2  粟野スポーツセンター  曇り
FCキャバリーノ 若狭医療専門学校
2 0
キャバリーノ得点者 ジャッキー:2ゴール
ここまで市リーグ2連敗中のキャバリーノ、これ以上は負けられない所だが、今節は19〜20歳の若さ溢れる専門学校生との対戦。相手はオヤジ狩りの気分かもしれないが、こちらは若造をフルボッコにするくらいの気持ちで試合に臨んだ。スタートのメンバーは、キーパーノリユキ、センターバックに兄ちゃん、右バックに正一、左バックにまっすん、ボランチがけんじとゆうすけ、右ハーフにひろぽん、左ハーフにごん、トップ下がテラとしんちゃん、1トップがジャッキーという布陣。試合開始から早くプレッシャーをかけ、先に得点するという作戦を遂行するべく、相手ボール時には激しくボールを奪いに行くキャバリーノ、若狭医療チームはプレッシャーによりボールを繋げず、前にボールを蹴るしかない状態となる。その攻撃もキャバリーノDFの連携ミスなどで稀にシュートまでもっていかれる場面もあったが、ほとんどの時間はキャバリーノが攻める展開。そして前半27分、相手ボールを奪ったテラがゴール前のジャッキーに正確なパスを通し先制点が決まる。その後もキャバリーノペースで試合は進み、前半終了前にセンターサークル付近からの兄ちゃんのフリーキックがゴール前のジャッキーにピタリと通りキーパーと1対1の状況に。それをジャッキーは冷静に決め2点差とする。後半はひろぽんに代わり三田村が同じポジションに、ごんに代わり岸がそのまま左ハーフのポジションに入ってスタート。後半の展開も前半同様にキャバリーノが攻め、若狭医療ボールになった時はスペースに蹴りこむ展開に、若狭医療の攻撃はことごとくキャバリーノのオフサイドに引っ掛かりチャンスとならない。対してキャバリーノは後半から入った三田村、岸を中心にジャッキーに好パスを送るがゴールが決まらない。そのまま2-0で試合は終了。もっと点差をつけられた試合内容であったが、めでたく今季リーグ戦初勝利となった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 4 節  11/23  粟野スポーツセンター  曇り
FCキャバリーノ 東洋紡
0 3
キャバリーノ得点者 なし
2週間ぶりの市リーグは東洋紡との対戦。前節同様3バックを採用し、中盤に人数をかける作戦とした。先発メンバーはキーパー兄ちゃん、センターバックがコマッキー、右バックに正一、左バックがまっすん、ボランチは三田村とゆうすけ、右ハーフがしんちゃん、左ハーフはごん、トップ下がテラとジャッキー、1トップはなべっち。試合開始から中盤で早めにプレスをかけてボールを奪い攻撃に繋げるという狙いが上手くいき、開始5分でなべっちが決定的なチャンスを得るが、シュートは惜しくもキーパーに阻まれる。続いてテラのコーナーキックからゴール前の混戦となり押し込めば先制点という場面もゴールできず。すると、相手ゴールキックを三田村が競り合いながらヘディングしたボールを拾われ、バックラインの裏に抜け出た相手にゴールを決められ失点を許してしまう。前半は0-1で終了し、後半スタートからジャッキーに代えてけんじを投入。内容的には互角の展開が続きくが、11分にバックパスを相手に奪われまたしても失点。0-2となり苦しい展開となる。更に20分にも相手コーナーキックをヘディングで決められ3失点したところで万事休す。0-3で試合を終えた。
内容そう悪くなかったが、自らのミスで失点を招いていては勝利は遠い。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第 5 節  11/30  粟野スポーツセンター  晴れ
FCキャバリーノ 蹴球会
0 2
キャバリーノ得点者 なし
9月末に開幕した市リーグもついに最終節となった。前年度チャンピオンでありながらここまで1勝しか挙げられておらず、最終節は勝利で終わりたいところ。スタートのメンバーはキーパー兄ちゃん、センターバックはコマッキー、右バックは助っ人として参加の藤木、左バックはまっすん、ボランチにはここ数試合で対人ディフェンスの評価が高まってきたゆうすけと久しぶりの出場となるよしゆき、右ハーフは三田村、左ハーフはごん、トップ下はテラとしんちゃん、1トップはジャッキー。先制点を狙って試合開始から果敢にプレッシャーをかけボールを奪おうとするキャバリーノだが、蹴球会はパスワークでそれを交わす展開となった前半、しかし蹴球会の攻撃もコマッキー、藤木、兄ちゃんの連携で最終的なチャンスはことごとく潰していく。しかし前半20分頃、ボランチのゆうすけが味方ディフェンスラインのコントロールから取り残されたことにより、ゴール前のスペースを相手に与えてしまい、フリーの選手にボールが渡り余裕をもってシュートを決められ先に失点してしまう。
蹴球会相手に追いかける展開は避けたかったキャバリーノだが、前半はそのまま追いつけずに終了。後半開始時の選手交代はなく前半と同じメンバーでスタート、前半同様パスを繋ぐ蹴球会に対しプレッシャーをかけボールを奪おうとするキャバリーノという展開、キャバリーノはボールを奪ってもその後の繋ぎの部分でミスをしてチャンスになりきらないが、この試合唯一の決定的チャンスは、相手ディフェンスライン裏にパスが通り、抜け出た三田村がキーパーまで交わし放ったシュートには勢いがなく、戻ってきたディフェンダーにクリアされてしまったシーン。これが決まっていれば1-1となっていたが、その後、試合終了前にディフェンダーからボランチに繋ぐパスをカットされシュートに持ち込まれのが決まり0-2となった時点で勝負ありとなった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-
- -
- -
キャバリーノ得点者 -
-
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-
- -
- -
キャバリーノ得点者 -
-
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-
- -
- -
キャバリーノ得点者 -
-
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-
- -
- -
キャバリーノ得点者 -
-
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------