過去のTERAのひとりごとコーナー
2000年TERA 2001年TERA 2002年TERA 2003年TERA 2004年TERA
2005年TERA 2006年TERA 2007年TERA 2008年TERA 2009年TERA
2010年TERA 2011年TERA 2012年TERA
TERAのひとりごとコーナー
【 キャバリーノ内の出来事など 】






2018/6/9(土)



 その後のスギちゃんについて嬉しい報告があります。今日お昼過ぎに兄ちゃんと共にスギちゃんが自宅を訪れ、先日の試合について自身が反省していること、今後、今回のような行動はしないという事を約束してくれた。また、相手選手にも機会を見つけて謝罪するとのことでした。やっぱりサッカーが好きなのでチームは辞めずに続けたい言う言葉が聞けた。一時はどうなるかと思ったがよかった、本当によかった。兄ちゃんありがとう。

2018/6/4(月)



 昨日行われた会長杯の試合でチームから退場者を出してしまった。左サイドのポジションにいたスギちゃんが相手選手と競り合い、体格で上回る相手に競り負けた際、相手と少し揉み合う様な感じになった。その際スギちゃんは何かとても腹が立つような言葉を言われたらしく、一旦離れた後、相手に対して体当たりをするという行動に出てしまい、審判からレッドカードが提示され退場処分となった。
相手に何か言われたにしても、報復行為として体当たりをすることは当然ながらサッカーでは許されない行為ではないため、試合後に相手に対して謝罪するよう本人に促したが頑なに拒否したため、チームとしてサッカーのフェアプレイ精神を尊重できない者はチームに籍を置くことは許せないと伝えたが、本人は「それならチームを辞めます」との言葉だった。とりあえず、もう少し冷静になってから良く考えろとその場はおいた。
最初に揉み合いになった時、自分はピッチ内の少し離れた所から見ていたが、体当たり行為をする前にスギちゃんの所へすぐに行き、落ち着くよう話をすれば防げたのではないかと後悔している。
スギちゃんは純粋でまっすぐな性格でサッカーが大好きな若者である。サッカーをしている姿を見ていると飽きることがない。このままチームを去ってしまうことは彼の将来にとって良くない影響を与えてしまう気がする。恐らく本人も報復行為をしたことは悪かった事だと感じているはず。なんとか今回のことを乗り越え、再び前向きな人生を歩んで行って欲しいと願っている。そのために自分ができることは何だろうか。

2018/4/23(月)

 昨日、今シーズン最初の試合である会長杯1回戦が行われた。
しかしその週末は、会長杯の日程が決まる前から旅行を計画しており、チケットや宿泊先の手配を済ませていたため、仕方なく開幕試合を欠場することにした。このため、当日の準備や仕切りは、兄ちゃんや幹部連中にお願いすることになったが、快く引き受けてくれて有難かった。この度は本当にありがとう。

2018/4/8(日)

約4年半ぶりのひとりごと更新。
 2015年6月の試合での接触により脳震盪を起こし、入院した事件から2年と10ヶ月の月日が経つ。
その事をきっかけに右足は思うように動かなくなり、それまで培ったキックの精度、ドリブルの技術、ボールタッチの感覚などは全てリセットされ下手くそになってしまった。以前の技術や感覚を取り戻そうと努力してきたが、未だに右足は思うように動かない。それを補うために左足を使えるように努力し、ある程度は使えるようになったが、以前の右足のように器用にはプレーできない。具体的には、練習で行うミニゲームでドリブルしてもすぐにボールを失う、効果的なパスが出せない、ミニゲーム中ほとんど有効なプレーができないまま終わり、チームにとって役立たずの自分に落胆する。そして、脳震盪になる前の自分とのギャップに凄く苛立つが、練習の雰囲気を壊したくないため、自分を抑えている。(チーム創設以来、常に全員が楽しめるサッカーを目指しており、自分は練習時の雰囲気を盛り上げ、楽しくサッカーするため声を出しててきた)そのように自分の感情を表に出せない状態が続いていることで、最近はサッカーを楽しめていない自分がいる。サッカーへの情熱がなくなっている自分に気付き、「どうしたんだろ俺は、あんなにサッカーが好きだったのに」と考える・・・。
 最近、立て続けに新しいメンバーが加入してくれ大変ありがたいと思う。どのメンバーも素直で、サッカーが好きで、うちのチームに向いていると思う。きっと試合では大いに活躍してくれるに違いない。
これら新メンバーは俺のプレーを見てどう思っているのだろうと考える。チーム代表で、10番を付けているけど、あの人大して上手くないと思っているのではないか。サッカーをしている者に共通して言えるのだが、サッカーが上手い人に対し、「あの人上手いなぁ」と尊敬の念を抱くことがある。きっと俺のプレーを見ても尊敬の念を抱くことはないと感じる。そのことについて自分が「脳震盪のせいで下手になったけど、昔は上手かったんだよ」と説明することは絶対にしたくない。プレーヤーにとっては“今が全て”である。
このような心境をひとりごとコーナーで書き残すことで少しは楽になると思い書いてきたが、実際、少しだけだが前向きな気持ちになってきた。
きっとグラウンドでチームの皆と会えば気持ちが上がり、また少しずつでも上手くなるよう努力していこうと思う。

2015/ TERAのひとりごとはしばらくお休みします。

2014/8/3(日) ハードだったけど充実した3日間の休日だった。
8/1(金):1日目→6時起床、7時に出発し白山に向かう、11時前から登山開始、メンバーのトラブルにより予定以上に時間がかかり、16時半頃から雨に打たれながら宿泊場所である室堂へ向かう。17時に室堂に到着、夕食後19時半には就寝。
8/2(土):2日目→朝3時半に起床し山頂に向かう準備開始、5時頃白山御前峰(山頂)にてご来光を見る。山頂のお池巡りコースを辿り室堂へ引き返す。朝食をとり下山準備を行い8時前に下山開始、11時頃下山。立ち寄り温泉の「天望の湯」にて温泉に浸かり疲れを癒す。福井市内にて昼食後、スポーツデポにて登山用品を物色、その後敦賀へ向かう。17時頃敦賀に到着するが、チームの練習日のため19時前にグラウンドへ、19時〜21時で練習後帰宅、10時半就寝。
8/3(日)3日目→7時起床、県シニアの試合のため、全身の筋肉痛を感じつつ福井市美山の試合会場に向かう。12時半から試合開始、1トップを任されチャンスを作り、前半の2得点に絡む。後半にスルーパスから裏のスペースに抜け出し、ダメ押しとなる3点目を決める。足の付け根の痛みに限界を感じ始めたところで相手選手との競り合い中に膝蹴りが太ももに入って動けなくなり交代。そのまま試合は3-0で勝利!!全身にかなりの疲れと足の痛みをこらえながら帰宅。
2014/7/26(土) 面白い試合がいっぱい見れたワールドカップも終わってしまい、しばらく余韻から抜け出せない日々が続いた。。。右足の付け根の痛みはまだ完治していないが、先週からチームの練習に合流し、他のメンバーと同じ内容の練習ができる様になり、今は久しぶりにボールが蹴れることが本当に楽しい。もちろん、まだ全力でボールを蹴るのは痛みが伴うので70%程度のパワーでしか蹴れない。そして練習後は30分から1時間かけてストレッチし、その後は寝るまでアイシングをしないと翌日も痛みが続く。そういう日々を過ごしながらも確実に治ってきてる感覚はあるので、このまま治らないかもしれないという不安からは解放された。
2014/6/23(月) 5/11の試合で右足の付け根を痛め、痛めた当初は1週間もすれば痛みも引いて普通にサッカーが出来ると思っていたが、2週間経っても痛みが収まらない。。。そこから整骨院に通い始めて治療するが一向に直らない状態が続いた。しかも途中に何故か痛みが急に増して4日間程歩けなくなる始末・・・。
しかしようやくここ最近は痛みも引き、ストレッチなど軽い運動がOKになった。まだボールを蹴ることはできないが、サッカー復帰への扉が開いた気がして嬉しかった。この調子だと来週には軽くボールを蹴るくらいは出来るかも!?と勝手に思っている。思えば20代でサッカーを始めてから、1ヶ月以上ボールを蹴ることがなかったのは初めての事だ。今回の怪我の部位はややこしい場所なので、あせって無理をして再び痛める事がないように様子をみながら慎重にいきたい。
W杯で沢山の面白い試合を見れるおかげで、ボールが蹴れないイライラした気分がかなり救われてる。怪我の時期とW杯が重なっていなかったら、サッカー禁断症状で気が狂っていたかも・・・。(イタリア頑張れ!)
2014/5/11(日) 朝からものすごく良く晴れた日曜日、恐らく気温25℃以上はあるグラウンドでNSCと対戦した。圧倒的とは言えないけど、試合の主導権は大体我々のチームの方が握っていたと思う、実際に前後半通じて決定機といえるチャンスは俺達の方が多かったと思う。しかしその決定機を生かせず、奪えたのは1点のみ、試合は1-1の引分けでPK戦となった。キッカーを誰が務めるか決めようとメンバーに問いかけるが誰も手を挙げない・・。じゃあやりますと言ったのはよしゆきとまっすんのみ、蹴る前からこの様な消極的な調子ではPK戦に勝てないなと思った。そして予想通り負けた・・・。こういう時強気に「自分が蹴る!」とはならない所がキャバリーノらしいと言えるけど、PKは心理面で以前の失敗のイメージを引きずっていたり、「失敗したらどうしよう・・」と弱気になったら駄目だと思うので、皆もう少しメンタル面がなんとかならないかなぁと思った今日の試合だった。(そもそも、PKにならないように試合中に決着を決めとかなあかんと思って自分のシュートミスを深く反省した)
2014/5/5(月) 前回から4ヶ月程経ちました。その間にフットサルフェスティバルがあり、嶺南大会の試合があり、イノカルちゃんとの送別等がありました。今年度から新たに始めた活動として、敦賀四十雀という県シニアリーグに参戦しているチームの一員となり、キャバリーノとは別で試合に参加することとしました。キャバリーノから自分以外にも「ごん」と「ハセチン」が一緒に参加してくれます。この意図ですが、敦賀市にはシニアリーグは存在せず、現在キャバリーノの主要メンバーが30代後半〜40歳になろうとしており、それらがシニア年代となった時にいずれ県シニアリーグに参戦することを見越して、今から県シニアに参加するための知識を得たり、シニアの先輩方との人脈を築くことや試合のレベルを体感しておけば必ず役に立つと思ったためです。今は四十雀チームですが、将来的にはキャバリーノ単独で県シニアリーグに参戦し、そこで優勝することが新たな目標のひとつです。

4/20 四十雀メンバー集合写真
テラ(2列目右)ハセチン(2列目右から2番目

2014/1/9(木) とっくに明けました。おめでとうございます。久しぶりのひとりごとになりました。
去る12月14日には盛大に忘年会が開催され、めっちゃうまい魚介料理に満足し、優勝カップで酒を回し飲みし、俺は感極まって涙した。つくづく俺はいい仲間に恵まれて幸せ者だと思った。
おかげさまで市リーグ最優秀選手賞とチーム内最優秀選手賞に選ばれて有難い思いで一杯です。
自宅にはリーグ優勝カップと優勝トロフィー、最優秀選手賞の盾とトロフィーが揃って飾ってあるのが、とても誇らしい。優勝カップは優勝チームが1年間保持できて、来シーズン優勝したチームに渡すことになってるけど、出来ることなら連覇して来年も家に飾りたいと思う。
今年でまたひとつ歳を取ることになるけど、まだまだ背番号10番に見合ったポテンシャルをチーム内に示せるよう今年も頑張るので、皆さんよろしくお願いします。


優勝カップ他!!(自宅)

2013/8/31(土) 優勝が決まってから、優勝記念Tシャツのデザイン作成やユニフォームに優勝を示す星印を入れるためにスポーツ店と打合せを重ねたりして、初優勝の余韻を味わってます。
Tシャツは最終デザインが決まって発注段階、そしてユニフォームの星は出来上がってきたので紹介します。

エムブレムの上に星!!

2013/7/28(日) 最高の気分です!!19年前にサッカーが好きになり仲間を集め、チームを作ったものの最初の試合は14点差で負けた。それからもなかなか勝てないまま年月は経ち、市リーグでは良くても中位、ほとんどが下位でリーグ戦を終えることが当たり前になっていた。リーグ優勝なんて夢のような話と思っていた俺達がついに優勝した!!!!
昨年優勝チームの若狭医療に圧勝し、前節の蹴球会との激闘を捻じ伏せるだけの強さを身につけ、優勝をかけた東洋紡との最終節は、前半早々の得点を守りつつ追加点は奪えなかったが、内容では完全に東洋紡を上回って勝利する。今シーズン俺達のチームはマジで強かったと思う。今日は試合の流れから出場できなかったメンバーもいるが、カップ戦と違いリーグ戦はチームの総合力が試されるので、最終節に出場できなかったメンバーもシーズン中の試合で、それぞれ活躍をしてくれたおかげで優勝できたと思って欲しい。試合後、メンバー全員とハイタッチや握手した時と、思いがけずメンバーに胴上げされた時は今までの苦労が報われた気がして最高の気分だった。(こうして書いてるだけでその時の事が思い出されて涙が出る)自分ひとりではこんなに良いチームにはできなかったと思う、本当にこれまでチームを支えてくれた沢山の人達に「ありがとう」と言いたい。
これからもFCキャバリーノを続けられる限り頑張ろうと思いますので、皆さんよろしくお願いします!!
2013/7/22(月) 昨日の蹴球会との試合に当たり、前日にごんと打合せをした。当初ごんの考えた配置はヨシユキとイノカルがセンターバックで、俺とナイジェルのボランチだったが、蹴球会を相手にした場合、センターバックには経験を積んだメンバーが必要だと訴えて、スピード面の不安はあるもののコマッキーを先発で使い、ヨシユキはボランチにひとつポジションを上げて、俺をトップ下で使うよう提案した。この提案をごんは受け入れてくれて試合の先発メンバーが決まった。蹴球会との最近の試合は接戦になるが、最後は負けるか良くても引き分けだった。勝った記憶は7年前に優勝した嶺南大会の決勝戦ぐらいで、それ以外は特に無い。しかしこの日は蹴球会に絶対に勝たないと悲願の優勝がなくなるため、全力で勝ちに行く決意だった。
そして優勝という目標を前にチームが一つになって試合した結果、接戦を制して今回は蹴球会に勝った。
センターバックのコマッキーとイノカルのコンビはお互いの短所をカバーしあい、ヨシユキをボランチに上げたことにより攻撃参加可能となり、攻撃時の厚みが出た。前節もだが、試合に対してメンバー個々に明確な役割を伝えることでメンバーもその役割を分かったうえでプレーをし、それが合わさると勝利に向かってチームとしての戦い方が統一されるということが今回の試合でも分かった。サッカーって本当に面白い!。
いよいよ次節がリーグ最終戦、東洋紡に勝つとずっと夢みてたリーグ優勝。次も全力で勝ちにいき、チームにとって新しい歴史を作る!!
2013/6/30(日) 素晴らしい試合だった!!キャバリーノは強かった。これで夢にまた1歩近づいたよ。
昨年リーグ優勝した若狭医療を内容で圧倒したといってもおかしくない勝利だった。
昨日の練習後、幹部達と今日の戦い方について打合せをした内容を、試合前にメンバーひとりひとりに対して君の役割はこういうプレーで、さらにこういうプレーも期待していると説明をし、ハーフタイムには2-0で勝っている状況で、後半はどう試合を運ぶかといった指示を出した結果、メンバー達は俺が思っている以上の結果で応えてくれた。自分が試合に出れないものの、一体となって今日は戦えた実感がある。
キャバリーノメンバーのみんな、今日はありがとう!!
2013/6/28(金) チームの市リーグ順位は現在2位、1位は勝ち点10の東洋紡、俺達は勝ち点7。下には勝ち点が6の若狭医療専門学校と蹴球会の2チーム。今度の試合が前期リーグ最終戦であるため、若狭医療との試合で勝てば前期リーグ2位以内が確定し、後期は上位リーグに参加となり、負けた場合は当然若狭医療に順位が抜かれ3位に後退する。さらに蹴球会は今度の試合がNSCとの対戦であるため、普通に考えればNSCに勝利するだろうから勝ち点は9となり、蹴球会にも順位が抜かれて4位となることが予想される。4位となれば後期は下位リーグに参加となる。だから次の試合は今期の重要なターニングポイントとなる。俺の夢は市リーグで優勝することだから、上位リーグに参加できなければリーグ優勝の可能性はなくなる。
ところが俺は、先日の練習から足の付け根の痛みが酷く、歩くだけでも痛みがある状態になってしまった。病院にいったら、プロサッカー選手によくある怪我で、ちゃんと治さないとサッカーできなくなるらしい。重要な試合を前にして悔しいが出場は難しい。痛みを我慢して出ることは決して無理ではないけど、ここは仲間を信じて試合を休み、上位リーグでの優勝がかかった試合までに治したい。
2013/5/29(水) またひとりキャバリーノから旅立っていくメンバーがいる。1年前にチームに加入し、加入してすぐの飲み会で「オーシャンブルー」っていうカクテルをノンアルコールと知らずに飲みまくり、「全然酔わないな〜」と言う天然エピソードにより、ニックネームが「オーシャン」に速攻決まったオーシャンだ。
たった1年間だったけど、彼は本当に付き合いが良く、練習後に俺が「飲みにいこうぜ♪」って誘うと即答で「行きましょう!」って応えてくれた。飲みに誘って断られた覚えがホントに無い。そんなオーシャンだが、残念ながら転勤が決まってしまい敦賀を離れることになった。今までの様に練習や試合を一緒にすることはなかなか難しくなると思うけど、本人は都合がつけば来たいと言ってくれているので、自分としても先日送別会をしたが、送別したとは思わずに、ちょっと遠くに住んでるだけのメンバーという感覚でいたいと思う。オーシャンとはすぐに打ち解けることができ、20歳近く離れているけど、あまり年の差は感じずに(オーシャンは感じてるかもしれないが)サッカーを通じていい友人になれたことを感謝している。
2013/5/10(金) 前回のひとりごとで紹介した兄ちゃんのミニ、写真からは分からないが内部に結構ダメージがあったらしく修理に莫大な費用が掛かることから、乗り換えることとなった。新たな車も色違いのミニということで楽しみです。間もなく納車されるらしいですが、今度は空を飛んだりすることがないように願ってます(笑)
俺は先日誕生日を迎え41歳となったけど、40歳になってしまった時のようなインパクトは特になく、一人寂しく過ごしました。これからも変わらずサッカーを楽しみながら年齢を重ねて、めっちゃ動けるシニアサッカー選手として頑張りたい。
2013/4/3(水) 親友の兄ちゃんが車両運転中に事故にあうという災難に見舞われた。幸いたいした怪我はなく鞭打ち程度ということで良かったです。
兄ちゃんの愛車ミニが事故った写真をメールにて送ってきたのを見て、心配しつつも思わず笑ってしまったので紹介します。(兄ちゃんごめん)
水陸両用車!!(笑)
2013/3/13(水) 市内リーグを来月に控え12月〜3月の期間は室内練習に限られていたが、先週の水曜日からようやくグラウンドでの練習がスタートした。自分も含めメンバーの感想は、「やっぱり外のサッカーの方がおもろいわ」だった。そんな中、小浜の「キングス」というチームから練習試合の申込みがあった。チーム内で参加可能人数を確認すると8〜9人程度しか集まらない・・。その後なんとか11人は集まりそうということが確認できたが、今度は試合会場が確保できず・・・。敦賀と小浜方面でお互いに会場を探したが結局どこも無し。残念ながら練習試合の件は流れることになった。開幕前に外サッカーの試合をやっておくのとやらないのでは試合勘という面で不安があるから今回は何とか実現したかったので残念。
2013/2/4(月) やったぜ!フットサルフェスティバルシニアの部で優勝を勝ち取った!「優勝」というタイトルを獲得したのは2006年の嶺南大会以来だったのでとても嬉しい。シニアの部といいつつも30歳代前半のチームが結構いて、試合展開はスピーディー且つテクニカルで、これのどこがシニアの大会?と疑問符をつけたくなった。しかしながら俺たちキャバリーノシニアは、日頃からハードな練習をしているためか、順調に勝利を重ね予選リーグを1位通過!準決勝は蹴球会とPK戦までもつれたが、それを制して決勝戦へ、予選リーグで唯一敗れた「ザックリジャパン」と決勝で再戦することになる。予選から合わせるとこれが9試合目、自分もチームメイト達も疲労がかなり溜まっていたが、今回は優勝したいという気持ちが強かったので、集中して試合に入ることができ、2-1で勝つことができた。優勝決定後はあまりにも嬉しくて、表彰式や集合写真を撮影するときもはしゃぎまくってしまった。その夜はスナック美鈴(きょーじゅん家)にて楽しく優勝を祝う飲み会をして、いつも以上に楽しくお酒を飲むことができた。
2013/1/16(水) とっくに明けました、おめでとうございます。今年もチームのメンバーが楽しくサッカーできるよう頑張ります。(HPの更新も頑張ります)皆さんのお陰でチーム結成19年になりました。可能な限り続けていきたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします。結成20周年目にはパーっと派手に記念旅行でも行きたいな〜。