過去のTERAのひとりごとコーナー
2000年TERA 2001年TERA 2002年TERA 2003年TERA 2004年TERA
2005年TERA 2006年TERA 2007年TERA 2008年TERA 2009年TERA
2010年TERA 2011年TERA 2012年TERA
TERAのひとりごとコーナー2010
【 キャバリーノ内の出来事など 】
2010/12/5(日) 毎年恒例のチーム忘年会、今年も温泉1泊2日旅行に行ってきました。今回は片山津温泉の加賀観光ホテルが宿泊宿で、過去の忘年会で行ったことがある所でした。複数の車に乗り合わせで出発、宿について休憩後お風呂に入り、その後宴会スタート、楽しくてかわいいコンパさんが盛り上げてくれます。宴会後半でチーム内表彰の発表があり、俺は4年ぶりにチーム内最優秀選手賞を受賞した。宴会が終わり山口は数名を引き連れてホテル内のラウンジへ、俺を含めその他メンバーは街へ出かけ近くの居酒屋で2次会。2時間ほどで店を出てコンビニで買出しをしてホテルに戻り部屋で飲みながら他愛もないことを語り合いながら盛り上がる。その後寝たのは何時か覚えていない・・・。朝5時半頃目が覚め、朝風呂に行く、30分ぐらいゆっくり入り、風呂を出た後ロビーでゆっくり新聞を読む。部屋に戻ってミニサッカー大会のチーム分けのくじ引きを作る。朝食を食べホテルを出発、ミニサッカー大会をする三国テクノポートへ向かう。素晴らしい快晴のなか、3チームに分かれ試合を行なう。用意していた賞品と一部のメンバーはお金が掛かっているため勝負はけっこう真剣で、球際の競り合いは迫力があった。俺のチームはおかげさまで1位になることができた。昼食後は全員を2つに分け、再びミニゲームを行う。特に時間は決めずに疲れきって満足するまでサッカーして終了。帰宅の途についた。2日間を仲間と過ごす事で、普段できない話をしたり聞いたりすることができ、数々のエピソードが生まれ、そこでの名言や珍プレーで腹を抱えて笑ったりすることができた。こういうとき実感するのは、チームを作り、今まで続けている事により、楽しい仲間に恵まれて良かったということ。そして、今後も頑張ってチームを運営していこうと、改めて決意することができる。

2010/10/24(日) TCSS戦を前に参加メンバーの顔ぶれから勝利の予感がしたが、サッカーというものは単純ではなく、うまくチームが噛み合わないと勝てないという事を再認識した。9月に情報誌「キラメキ倶楽部」に載ってから新メンバーが次々と加入し、練習も20人近くが参加する状態となっており非常に盛り上がっている。その勢いで今日は勝てるかと思ったが、残念ながら2-4で敗戦・・・。

2010/10/10(日) 再び敦賀リーグ蹴球会戦、市リーグは混戦状態で1位の敦賀クラブが勝点14、2位の蹴球会が勝点12、キャバリーノと東洋紡が勝点10という状況。蹴球会に勝って、最終節で敦賀クラブに勝てば優勝も可能な状況。俺たちに失うものはないから思いっきりアグレッシブにいこうと試合前にメンバーに伝えた。2週間前の試合では蹴球会を相手に互角以上の試合を展開したが、今回は若干メンバーが違う事もあり、守りを固める作戦ではないが、結果的にボール支配率はキャバリーノ20%、蹴球会80%ぐらいの試合内容だった。それでも前半にカウンターからたった1回のチャンスで先制し、勝が見えたかと思えたが、後半にコーナーキックから失点し1-1で引き分けてしまった。9月末から毎週日曜に試合が続く状況で、俺の体調はあまり良くない、右足の太腿に肉離れの兆候あり、右足首は捻挫から回復せず、左手首の捻挫、首も軽い捻挫・・・。他のメンバーにも怪我人が増えてきている・・・。幸い次の日曜10/17はリーグ戦がないので少し休める。市リーグ残り2試合、負けられない試合が続く。

2010/09/26(日) 敦賀リーグ蹴球会戦、キャバリーノは互角以上の戦いを展開し、多くの決定機を作り出したが、その決定機を俺は決めきれず、0-0の引き分けに終わった・・・。もちろん蹴球会にも決定機はあったが俺がゴールチャンスをしっかり決めていれば間違いなくこの試合は勝っていたと思う。皆に申し訳ない・・。これを取り返すには今後の試合でゴールを決めるという結果を出ししかない。

2010/08/22(日) 嶺南大会1回戦、小浜の県立大グラウンドで試合をした。キャバリーノの参加者は9人。後半に8人になることも確定していた。しかも俺は金曜の夜から風邪を引いてしまい、38度の発熱状態・・・。本来なら試合に出るコンディションではないのだが、人数不足のため少しでも多い方が戦力増となるかと出場した。対戦相手のFC11は個々のレベルもそこそこで、攻撃、守備も組織としてきっちりとしてないので人数差が有りながらも何とかなりそうだったが、自分達のミスと猛暑で走れなくなったことで敗れた。オグぽんが直接フリーキックを決めて1点を返せたのはのは良かった。(明らかに相手キーパーの位置と壁の位置がおかしかったが)
ところで前回の市内リーグに続き今回も人数が揃わないという事態が続いた事が今後不安で仕方がない。メンバーそれぞれの事情があるのは理解できるけど、中には何とか参加しようと思えばできた人もいるのでは?と考えてしまう・・・。今回の試合に参加してくれたメンバーには本当に感謝している。

2010/07/04(日) 市内リーグ第4節にて新チーム「TCSS」と対戦した。相手選手は圧倒的に若い、我がチームにも若い選手はいるが、中心選手は30代後半である。結果0-4で敗れてしまうが、若さに敗れたのではない。前半及び後半の幾つかのチャンスを確実に決めていれば相手チームはまとまりがなくなっていたにお違いない。逆に得点を許してしまったがために勢いに乗せてしまった。若いチームを勢いに乗せてしまう前に試合を制してしまわないと敗れるという教訓を得たので次に活かしたい。今後のチームスローガンは「技術があれば、年の差なんて関係なし!」でいきます。

2010/04/04(日) 市内リーグが今日開幕した。対戦相手は昨年優勝チームの美浜クラブである。俺は先週のフットサルリーグ最終節の試合にて、相手のシュートをブロックした時に足ごと蹴られため、右足首を捻挫した状態だった。人数が少なかったので怪我が治りきらないまま(腫れ上がった状態)試合にでる必要があった。アップのために走ったりボールを蹴るだけで痛みが走る・・・しかし試合が始まると気合のためか痛みは感じずにやれた。結局フルタイム出場したため、今は足首をアイシングしながら書いてます・・・。次節4/18までには治った状態で出場できるよう治療したい。